Tags

, ,

新緑の中にも、まだ山中の桜を楽しめる名張です。おはようございます。吉野実岐子です。

病の領域には至らぬまま、セックスに依存している状態にある方には、ご自身を誤解なさらないであげて欲しいと、思っています。

あなたは、性欲が強いから、セックスに向かっているわけではありません。不安が強いから、セックスに向かうのです。

もちろん、不安が強いとセックスではなく、食に向かう人もいます。向かう先の違いは、単に身体の特質に拠ります。胃に意識が向きやすい身体もあれば、性器に意識が向きやすい身体もあるのです。例えば、肩を脱臼しやすい身体の人は、どんなに筋肉をつけても、その傾向は変わりません。ただ、実生活で脱臼しなくなるだけです。(もちろん、ご本人にとっては大きなことです)

さらに、生育過程で、性的境界を尊重されずに育っていると断言できます。健やかな性的境界がわからないので、雪崩れ込んでしまう状態が、病の領域には至らないセックス依存の状態だといえます。健やかな性的境界とその尊重方法について、学べばいいだけなのです。

該当する方は、ご自身をより健やかな方へ導く勇気を出してみてくださいね。どうぞ、ご自身を誤解なさらないでください。

自分がダメだとかまだガマンできるといった、変なプライドは超え、病の領域に入る前に、本当のことを知りましょう。あなたに尊重と感謝があるとき、人の手はあたたかいものだということを、実感しましょう。

ちなみに、いくつも依存先があり、依存状態が長くなったら、依存症に近づいているといえるでしょう。例えば、嫌なことがあると買物したり、不安だとセックスしたり、一日の目標を立てる前にネットを見続けたり、もう無理!と思うと休憩するよりまずコーヒーを飲むなど、複数が同時進行している状態です。

類は友をよぶため「周りも同じだし」と発想しやすいでしょう。自分を丸めこまないようにしましょう。自分を見つめ、心を整理する必要がありますが、この時ひとりでやることにこだわらないことです。

助けられる側も助ける側も、尊重と感謝を差し出していくのが、健やかさです。つまり、助ける側も助けられる側も「どうやって相手を大事にしようか」と考え続けるのです。この点において助ける側と助けられる側は、対等なのです。

繰り返しになりますが、だから、自分がダメだとか、まだガマンできるといった、変なプライドは超えて、病の領域に入る前に、適切なサポートを受けてくださいね。あなたに尊重と感謝があるとき、人の手はあたたかいものです。