ビジョンがないと、年数を強調する。

一年を通して、国内では一番、沖縄の気候が安定するようになってしまったようです。おはようございます。吉野実岐子です。

すべてにおいて、ビジョンが大切です。経営者の仕事は事業のビジョンを描き、それを現実化していくことです。結婚相手とも、やはりビジョンを描いて、それを現実化していきます。

しかし実際には、借金返済が仕事になっている経営者がいたり、さびしいときに一緒にいてくれるから別れられない結婚もあります。

ビジネスであれ、プライベートであれ、ビジョンがないと、問題解決に走ります。また、事業にとって顧客の優先順位はかなり後なのですが、それを「お客様ありき」にしていき、大きく本筋から脱線していきます。そうなると、お客様が問題を持ってくる状態に入りやすくなります。問題のあるお客様を惹きつけていきます。

どちらにせよ、ビジョンがないまま、事業や結婚を継続していると、無理が生じます。そして、何年続けてこられたかにこだわるようになります。もうどの道に戻ったらいいのか、てんで判らなくなっているのでしょう。今からでも、サポートを得ながら、ビジョンを描き始めるといいでしょう。

人生のターンオーバー。

今年は、紫蘇・万願寺とうがらし・ゴーヤーの苗を植えました。おはようございます。吉野実岐子です。

夏のサンダルシーズンに向けて、角質を溶かしたり削ったりしている方も、いらっしゃるのでしょうか?「職業柄、この部分の皮膚は厚くないといけない」という方はともかく、そうでない方は、単にターンオーバーがうまくいっていない事実とそれが含む可能性に、自分をひらいていますか?

実際には、きちんと保湿してあげれば、上のような作業とは無縁になります。やるのは、毎日クリームを塗ったりして、とにかく保湿してあげることです。自分を削ったり溶かすのではなく、自分がまもられるようにしていくことです。

触ってざらざらしていたり、かさかさしたり、まして白く粉をふくのは、緊急事態です。そうなっても放っておけるなら、あなたが愛情たっぷりに世話されずに育った子供時代を送ったという仮説の妥当性が、より高まるだけです。世話されずに育ったなら、自分を世話することを、のちに学ぶ必要があるのです。

上は、肌のことを書いているだけではなく、自分に対する態度と、そこからの人生の展開の仕方について、肌をメタファーにして書いていることに、お気づき頂けたでしょうか?自分を磨こうとしないで、自分をまもろうとして生きてみてくださいね。実は上のような自分への態度から端を発していたトラブルは、消滅していくでしょう。そして、肌のターンオーバーが狂っている方も、もちろん夜にクリーム塗り塗りしてみましょう。

コントロールは非日常のもの。

おはようございます。吉野実岐子です。

メールマガジンでもかきましたが、日常で心身をコントロールする必要はありません。コントロールは非日常のものです。普段から、そんなにコントロールそのものを、練習し続ける必要があるでしょうか?

植物が太陽へ向かうように、心身も自律したがります。だから、むしろ、それを邪魔しないようにしましょう。

例えば、毎日バターこってりでも、砂糖たっぷりでも、寝る3時間前にお夕飯でもないのに、体脂肪が多めだとします。そしたら「その脂肪は必要なのだ」と、受けいれます。その上で「どんな風に暮らすと、脂肪が自然と減っていくのか」を、考えていきます。そうすると、例えば、何十年もの間、実は睡眠時間が足りなかったことに気づきます。例えば、人前に立つと、心は楽しくてもけがれた気を受ける身体が辛かった事実を無視していたことに、気づきます。脂肪はしばしば、人の想念からわたしたちを守ります。

子供が、背中を丸めていたら、「まっすぐ立ちなさい」「まっすぐ背筋を伸ばして」というより、何が子供にそうさせているか、しっかり観察しましょう。「残さず食べなさい」と強要されて、まっすぐ立てないほどなのかもしれないし、悲しいことがあって、自然と肩が落ちて、背筋が丸まっているのかもしれません。「まっすぐ立ちなさい」「まっすぐ背筋を伸ばして」といった不適切なコントロールを促す指示は、身体本来の動きを損ね、その結果気持ちよくなくなった子供は、自分の身体への信頼を失っていくことになります。

コントロール自体を非日常に戻して、自律したがる心身を信じてあげてくださいね。

しっかり大地を踏んでいけ。

ハンバーグにセロリやブロッコリーのみじん切りをどっさり入れてみたら、意外にもおいしかったです。おはようございます。吉野実岐子です。

失敗を恐れるとき、小さい子でもふわふわっとした感じになります。重力にひきずられて、流されるような、風にあおられ、振り回されるような感じになります。

そんなときこそ「自分にはできる」と、しっかり大地に意識を向けましょう。しっかり大地を踏んでいくことです。失敗からは学べばいいのです。実際に行動する時には、失敗じゃなくて、大地とのつながりの方を気にしましょう。

ヨガ・ピラティス・サーフィンなどされている方は「しっかり大地を踏んでいく」感覚が、骨身に沁みているでしょう。もし沁みていないなら、それぞれのプロセスを見直した方がいいでしょうし、おそらく先生も変えるタイミングです。

重力はあなたをひきずる邪魔者ではありません。わたしたちは大地に支えれていて、重力はそれを感じさせてくれる一つの機会です。地球から逃げるのではなく、地球の一部でいましょうね。

月一で、大掃除と一緒にすること。

おはようございます。吉野実岐子です。

わたしが月一の大掃除の際、一緒にしているのは以下です。

– 歯垢チェック
– 体重と体脂肪率チェック
– 動線の改善
– 楽しくしたいところを楽しくする
– 買い物方法の見直し

歯垢チェックは、歯医者さんで売っている歯垢染色剤を使います。色が残るので、夜やります。体重と体脂肪率チェックは、こちらの最小限の機能が詰まったスッキリしたデザインのものに、数回のります。数回のるのは、簡易測定のため、特に体脂肪率に幅が出るためです。

動線の改善は「ここにドライヤーを置くことにしていたけど、段々置かなくなったから、やっぱり別の場所をドライヤーのホームにする必要があるな」といった調整です。ひとつ動線がずれて、そのままにしておくと、なし崩し的に全部に影響します。また、考え方が変わって行動が変わると、今まで合っていた動線とずれますので、そうした自分の変化もキャッチできます。

楽しいところを楽しくするのは、まずはじめは「清々しく」を、徹底するからです。「清々しく」は譲れないこととしてやって、その上で「お手洗いが狭すぎて、入りたくなくなる。そのままにしておくと、不要な我慢へと展開して、身体によくない。ならばせめて、お手洗いを楽しい場所にかえよう」と、展開させていきます。「なんだか開けたくないな。長居したくないな。でも清々しさはそこにある」というとき、この視点は心身の健康を増長してくれます。ただし「まずは楽しく」にすると、不健康に向かうことが多いので、優先順位はとても大事です。

買い物方法の見直しは「なんだか急にバターやチーズがおいしい。その分確実に太った。このままいくと、身体によくない」などと発想した時に、乳製品の買い方や実際の金額を追ってみて、健康でいられる買い方や金額について再選択します。だいたい一点集中で行っています。

昨夏は、引っ越しと和室のカビ問題(アルコールで毎日拭くこと2か月、ようやく解放されました)疲れで、エアコンクリーニングは外注してしまいましたが、前のお家と違って、自分で掃除できる機種のようだし、今年はエアコンクリーニングにチャレンジしようと思っています。東京在住時は、異常気象が今ほどではなく、エアコンはそもそも使っていませんでした。そんなこともあって、エアコンクリーニングを自分でやるのは初めてなので、ドッキドッキです。

今度こそ、この人は変わるんじゃないか。

新月です。おはようございます。吉野実岐子です。

「今度こそ、この人は変わるんじゃないか」という思いに頼ることは、「借金」と同じです。これは、信頼ではありません。今の相手を見て判断することが「手元にあるお金の中でやりくりする」ということです。これは、不信ではありません。

ご自身に対しても同じです。「今度こそ、自分は変わるんじゃないか」と思っても、自分を置いている状況や理由が違うだけで、エネルギー漏れを起こしているという構造は同じままです。

そんな風に、妄想や雑念で、自分からエネルギー洩れさせていたら、同じ場所をぐるぐる回る思考から、抜け出せなくなるでしょう。なにか状況や出来事が、あなたをぐるぐるさせているのではないのです。自分が自分を今からはなし、エネルギー洩れさせているから、ぐるぐるするのです。

状況や出来事といった、自分の外のせいにするのではなく、自分の内からすべてがはじまっていると、肚を据えてください。

たった一言でも、だいぶ変わる。

保存食の手仕事シーズンに入ってきました。おはようございます。吉野実岐子です。

例えば、お子さんが半べそで「宿題がいっぱいある」といってきたら、なんと返しているでしょうか?そこでいつもの一言にいく前に、たった一言挟むことを意識するだけでも、お子さんとの関係をだいぶ良くすることができます。例えば「なにがどんな風にいっぱいあるの?」と具体化すると、苦手な科目だから、いつもより少し多いだけでいっぱいと感じていることが分かったりします。

例えば、久しぶりに会う別の課に配属されている同僚に「調子はどう?」と聞かれても、こたえづらいだろうと思います。「まだ、テニスは続けているの?」のように、具体的に聞かれると、さらっと答えやすいでしょう。

例えば、新しく上司になった人と初めて飲むときに「好きなことは何?」と聞かれても、やっぱり内心「この人のツボと地雷はどこだ?どこを狙えばいいんだ?」のような迷いが生じて、ストレスに感じるでしょう。「今している仕事の作業で、楽しいと思う作業は?」のように具体的に聞かれると、「あ、仕事の話ね」と落ち着いて答えやすいと思います。

具体化する質問を渡すだけで、相手の答える負担は減ります。「宿題がいっぱいある」と言われて、テキスト10冊を想像して「なんで今までやらなかったの!」と怒るような、互いの思い違いも減らせます。「調子が良くないといったら、どうなるんだろう?」と妄想する必要も消えます。

色々な一言があると思いますが、具体化する一言をかけてみることはやりやすいかと思い、ご紹介しました。よかったら、日々に取り入れてみてくださいね。

心が平安であるために。

これでやっと、ドライヤー置き場が落ち着きました。おはようございます。吉野実岐子です。

一部を全体と捉えていませんか?例えば、○○病と診断されて、自分=○○病患者と思い込んだり、自死した方を、□□さん=自死した人と捉えるなら、そうやって自分が自分を安定させている癖を自覚しましょう。

あなたが○○病でも、字がうつくしかったり、動物に好かれたりといった他の面もたくさんあります。あなたの100%が○○病ではありません。自死した方だって、見ず知らずの人にあたたかい手を差し伸べたり、おいしいご飯をつくっていたり、様々な側面や人生経験があって、その一つとして最期が自死だったという部分があります。

亡くなり方や精神障害といわれる状態は、タブーにされがちですが、そうやって一部を全部にしてしまう見方の方に、歪みはないでしょうか?

自分を安定させるために、一部を全体にして、世界に歪みを贈っていませんか?そうやって、世界の歪みに力を与え、歪みを増幅させる生き方を選んでいませんか?

夫=靴下を脱ぎ散らかす人、△△さん家の次男=問題児、のようにみていませんか?一部は、ただ一部に戻してあげましょう。それが、あなた自身から心の平安を奪わない方法です。

神経質にこだわる?

WSが開催できるよう、色々準備を進めています。おはようございます。吉野実岐子です。

子供が育つときは、親がその子に合わせていきます。ところがそれがないと、大人になってから、何かが合わないことが、すごく気になります。「これじゃない」「あれでもない」と、神経質にこだわります。

そうしていくと、合わない方に意識がフォーカスされてしまい、結果的に合わないことを引き寄せてしまうようになります。

親だけではなく、周りにいる大人のみなさんも、子供には合わせましょうね。親の代わりにはならなくても、合わせてもらえたという経験は、子供を内から支える贈り物になります。そして、大人の皆さんは自分で自分に合わせていきましょう。つまり、マイペースであるということが、上の状態を緩和していきます。

Uターンしないから、自信が生まれる。

わぁ、ポストに贈り物!ありがとうございました♡ おはようございます。吉野実岐子です。

愚痴が多い人に、自信がみなぎる人はいません。愚痴をいう、つまり慰めてしまえる、「常時Uターンラッシュさん」は、自分を掘り下げていません。

単に自分の底をさらうように、自分を掘り下げ切っていないから、堂々と「自分はこれだ」と言えないのです。自分を掘り下げ切らないから、自信も遠ざかるのです。

自信はUターンしない、痛みの先にあります。慰めてしまわず、自信にたどりつく道を自分に開いてあげませんか?

愚痴はUターン。

カルトについて、わかりやすいページを見つけました。「関係ない」と思わず、今一読してみてくださいね。おはようございます。吉野実岐子です。

愚痴は自分を慰める行為だと、認識していますか?痛みという希望から、自分を遠ざけてしまうのです。慰めてしまうのは、思考停止で抑圧で、クリエィティブになれるチャンスを自分から奪っています。

愚痴はUターンです。前進しません。例えば、死なないように生きることもUターンですが、愚痴が多い人は、まさに死なないように生きています。

本当の自分の気持ちがあらわせないから、愚痴になります。つまり、自分の気持ちにアクセスできないことに、課題があります。

そして、そんなときは思いっきり環境のせいにしてしまう視点に、一週間くらい滞在するのも、手です。「字が下手なのはペンのせいだー」「物の置き場所がわるいから、喧嘩になるんだ!」といった感じです。

正々堂々と胸をはって “環境のせいだweek” を過ごし、極みと思われるベンを見つけて買い換えたり、物の位置をこれでもかと変えてみてください。徹底して環境のせいにし、変えられるところをとことん変えると、いつの間にかUターンラッシュから抜け、すいすい前進しているでしょう。そして、その環境を選んだのは自分だったと、はたと腑に落ちるでしょう。

パフォーマンスを上げるには?

鮭のふりかけ作ってみました。おはようございます。吉野実岐子です。

パソコンは「ドライブの最適化」ができるようになっています。パソコンの仕組みとして、データの上書きや新しいファイルの作成時、ハードディスクの空いているスペースに、どんどん書き込んでいくようになっているそうです。タンスに空きがあるから、アイスクリームをしまい、トイレの棚の空いたところに、カメラをしまうような状態と近いでしょうか?

ファイルを削除するとその空いたスペースに、また新たに使用したファイルが置かれます。結果的に、冷蔵庫を開ければお財布が、冷凍庫にトイレットペーパーがといったように、色々なデータがてんでバラバラの場所に置かれた状態になるようなのです。毎日が、大変になりそうですね。パソコンもあらゆるところに散乱したデータをかき集めるのに時間がかかるようになり、そのために「ドライブの最適化」で、洋服はタンスに、食品は冷蔵庫にといった、整理整頓をすると、パソコンのパフォーマンスがあがるようです。

人も同じです。手持ち無沙汰だからスマホをいじって、時間があいたから雑誌をめくってと、そんな風に空いたところを埋めていく生活をしていると、あなたのパフォーマンスは落ちます。「本を読みながらでないと、入浴できない」「オフの日には予定が入っていないとさびしい」といった埋め癖のある方は、既にかなりパフォーマンスが落ちています。

落ち着かない人の日常は、引っ越しを頼みながら、引っ越し作業が始まると「あ、やっぱりその箱今使います」「でも、今引っ越しもします」と、引っ越し屋さんを困惑させるかのような暮らしぶりです。まずは、引っ越しを終わらせ、それまではその非日常を楽しむことが先決ですよね?引っ越し作業中は、部屋もがらんとして、不便ですが、そのプロセスを抜くことはできないのです。同じように、落ち着きたいなら「ただ入浴する」「オフの日にしっかり休む」といったことを、していく必要があります。つまりは、きちんと自律して生活していきましょう。

漂う情報。

拝観終了15分前の東大寺は、ガランとしていて、オススメです。おはようございます。吉野実岐子です。

なじみのないやり方で得た情報は、おさめどころがすぐ見つからず、みなさんの中で漂いやすいでしょう。大きな驚きをもたらした情報は、地震のように感じて、やはりみなさんの中に漂いはじめるでしょう。

そんな風に、わたしたちがつかまなかった情報や自分を脅かすように感じる事実に受取拒否していくと、それは目に見えない混乱の源となっていきます。

例えば、グループ内でそれが起きるなら、どんよりした雰囲気が生まれていきます。みんなが拾わない情報は、目に見えない混乱の原因となっていくのです。

ちなみに、空き地であれ神社であれ、どんよりした場所では、その場にきたことのある人たちの想念がうずまいています。想念という情報が漂っているのです。だから、近づいて混乱するのは、当然です。それは見えないだけで、確かにそこに在り、あなたはそれを感知しているのだということを、認めてあげてくださいね。

静かに過ごす ≠ 本や映画を見る

とうとう、わたしの描いていたラップ置きが形になったものに、出会えました。おはようございます。吉野実岐子です。

静かに過ごすというと、一日中家にいて書き物をしていたり、本を読んでいたり、家の中での片づけを思い浮かべる方がいます。静かに過ごすとは、行動範囲が狭いとか、手足を動かす頻度が低いということではないのです。

気持ちのアップダウンが自然と消えて、全身を感じられて、足裏が地面にぺったりついたり、寝転べば背中がぺったり床についたりと、身体から不自然な緊張が抜けていく状態が、静かに過ごすと得られる状態です。

そのためには、脳など内臓も静かに過ごしている必要があります。書き物をしていれば、脳や腸などは必死で考えているし、もちろん腕も動かし、長時間になれば背中が緊張してくる人も多いでしょう。本を読んでいると、目や頭が疲れるし、家の中の片づけはかなり身体の色々な場所を使うでしょう。「これが終わってから」と喉の渇きやお手洗いも後回しにして、片づけが人生の一大事であるかのように振る舞うのは、不自然なことです。

そうなると「じゃあ、どうしたら、静かに過ごせるの?」と、うわぁっと焦って、誰かになだれ込む人がいます。自分のない人、何かに依存している人はそうなります。そうなる前に「静かに過ごすとはどういう状態か」という問いを持ち、すぐに答えを出すのではなく、しばらく問いを持って「これは違うな」「これは近いけれどイコールではないな」などと、ゆったりと答えを探すようにしましょう。そうすると「静かに過ごすとはどういう状態か」という問いの答えも、波に洗われた貝のように、自然と表れてくるでしょう。

パラフィリア/Paraphilia

山のうつくしさにいのちのうつくしさを見ています。おはようございます。吉野実岐子です。

さて、パラフィリア(Paraphilia)という言葉、初めて目にする方も多いでしょう。わたしも今月に入って知りました。ただ、少し知っておくと、転ばぬ先の杖になる可能性をみなさんに見て、ご紹介することを決めました。

パラフィリア(Paraphilia)は、性嗜好障害とも訳されます。大人が約13歳以下の子供を対象とする性的嗜好を持ったり、大人が約13歳~16歳に向けて性欲を自覚したり、あるいは大人がその年齢の子に性的関心を抱いたりする症状をさすと言えるでしょう。

参考までに、アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き 第四版(DSM-IV)』にある尺度を引用してみます。

・思春期前の子供に対する強度な性的妄想、性衝動、性的な行為にかかわる振舞いが、少なくとも六か月以上にわたって反復して持続する。
・こうした妄想、性衝動や性的行動によって、臨床的に著しい苦痛がもたらされる。あるいは、これらが社会生活、職業、その他の重要な分野で障害となる。
・少なくとも十六歳以上で、性的妄想あるいは性行為の対象となる子どもよりも五歳以上年長である。

嗜好ではなく、病気なのです。(と、西洋医学では判断しているのです)ちなみに、生物学的・神経学的・遺伝子的要因は、証明されてはいないそうです。また、この症状を持つ人が、必ず子供を性的に虐待するわけではありません。

今日もあなたにとって清々しい一日になりますように。