Tags

保存食の手仕事シーズンに入ってきました。おはようございます。吉野実岐子です。

例えば、お子さんが半べそで「宿題がいっぱいある」といってきたら、なんと返しているでしょうか?そこでいつもの一言にいく前に、たった一言挟むことを意識するだけでも、お子さんとの関係をだいぶ良くすることができます。例えば「なにがどんな風にいっぱいあるの?」と具体化すると、苦手な科目だから、いつもより少し多いだけでいっぱいと感じていることが分かったりします。

例えば、久しぶりに会う別の課に配属されている同僚に「調子はどう?」と聞かれても、こたえづらいだろうと思います。「まだ、テニスは続けているの?」のように、具体的に聞かれると、さらっと答えやすいでしょう。

例えば、新しく上司になった人と初めて飲むときに「好きなことは何?」と聞かれても、やっぱり内心「この人のツボと地雷はどこだ?どこを狙えばいいんだ?」のような迷いが生じて、ストレスに感じるでしょう。「今している仕事の作業で、楽しいと思う作業は?」のように具体的に聞かれると、「あ、仕事の話ね」と落ち着いて答えやすいと思います。

具体化する質問を渡すだけで、相手の答える負担は減ります。「宿題がいっぱいある」と言われて、テキスト10冊を想像して「なんで今までやらなかったの!」と怒るような、互いの思い違いも減らせます。「調子が良くないといったら、どうなるんだろう?」と妄想する必要も消えます。

色々な一言があると思いますが、具体化する一言をかけてみることはやりやすいかと思い、ご紹介しました。よかったら、日々に取り入れてみてくださいね。