Tags

初スイカでした。おはようございます。吉野実岐子です。

先日、こんな方がいらっしゃいました。(掲載許可を頂いています)

– 爪が薄くなって、足の爪もペラペラになった。
– 髪が細くなった。
– 今まで判っていた、産地ごとに違うお茶の味の違いが判らなくなった。(味覚障害)

そこで、牛肉や牡蠣をよく食べるか聞くと「年に何回だろう…?」となって、さらに「チーズの中でも、最近パルメザンチーズが急にすごくおいしく感じられて、驚いている。今まではモッツアレラチーズが一番好きだったのに」とのことでした。

これは、ものすごく判りやすい、亜鉛不足の例です。牛肉や牡蠣やパルメザンチーズは、亜鉛を多く含むことで知られているので、お伺いしました。亜鉛のサプリメントを飲むことを提案したら、ご自身でも驚くほど「毎日どんどん身体を動かすのが楽になっていき、味覚も戻って、なぜかむくみも消えた」そうです。むくみと亜鉛の関係については、わたしは知りませんが、間接的に作用したのでしょう。

以前にも、髪の毛で不足ミネラル等について調べられることを、お伝えしました。そうしたサービスを利用してもいいし、不足量がちょっとで食生活の状態がいいなら、マルチミネラルを取っておくといいでしょう。

サプリメントを選ぶときには、Non-GMOやOrganicで検索し、ヒットしたものがいいでしょう。また、あくまでも補助なので、生活習慣や食事面を見直した上で、こうしたものをONするようにしましょう。

状態から、不足しているミネラルを知る際は、上に書いたようにいくつもの視点からチェックして、どれもが同じ物を導いた場合にだけ、それを摂取するようになさるといいでしょう。サプリメントに助けてもらって時間を稼ぎながら、改めて日常に改善できる点がないか、見直してみると、問題解決の文脈から、ビジョンを描きそれを形にする文脈を生きやすくなります。