Tags

山吹に似た花、キンシバイをたくさん見かけます。おはようございます。吉野実岐子です。

自分の認めたくない自分に、素知らぬふりする方が、まぁ多いこと多いこと、びっくりします。ご本人隠しているつもりみたいです。

でも、どんなに隠しても、それは音のないおならのようなもの、周りはみんな気づいています。気づかぬふりをしながら、内心臭さに顔を歪めているのです。

欲深い人は、演出します。装ってはうまくだませたとにんまりし、調子を合わせている周りの真意に気づけません。誰も「王様は裸だ」とあなたに言ってくれないのです。いえ、言われても雑音の一部にしてしまうのでしょう。

くっさいおならをぷっぷかぷーとしながら、調子に乗って、ますます認めたい自分だけを見ていると、人にわかってもらえないと思うことが増えます。

人はあなたをわかっています。だって、おなら散々嗅がされて、倒れそうになっていますからね。それにも気づかず、うまくだませたしてやったりと振舞うあなたが、あなたをわかっていないのです。わかってもらえないと悩む方は、自分の強欲さを認め、少しでも清さに向かう(あなたにとっては)面倒くささを引き受けることが、スタートラインになるでしょう。