Tags

,

おはようございます。吉野実岐子です。

期間限定で、苦手・嫌いにチャレンジすることは、わたしたちの器を広げてくれます。

苦手・嫌いは、たいていわたしたちの中で、「重要でない×緊急でない」に分類されています。大人になって、苦手・嫌いに手をつけるのは、たいてい緊急時ではないでしょうか?

緊急という、自分の内側からの動きでないものに押され、「重要でない×緊急でない」に入っていたものを「重要でない×緊急だ」ゾーンに移動させても、早く終えることばかり考えてしまうような苦痛にさいなまれやすいでしょう。

そして、苦手・嫌いなことに手をつけるチャンスは人生で数回は回ってくるのです。それなら自ら、苦手・嫌いなことを「重要である×緊急でない」ゾーンにおいてみて、期間限定で味わう方が発見も多く、すこし成長もでき、意外に多くの喜びを手にできます。

ちなみに、期間限定でないと苦痛の極みにはいります。一日でも一週間でも一ヶ月でも、適切に期間を切って、苦手・嫌いなことがなんと「重要である×緊急でない」に入ってしまう、珍しい機会を楽しんでみてください!