Tags

おはようございます。吉野実岐子です。

都会で暮らしていると「モンシロチョウだ」「蝉の抜け殻だ」「ひまわりが咲いている」のように、自然を点から感じ、それで満足しやすいと思います。

田舎で暮らすと、単体の植物や動物ではなく、生態系そのものやそこに影響する気象がうまれた背景が、面で迫ってきて、そのダイナズムに圧倒されます。田舎暮らしは、一部への表面的な対応ではなく、システム全体への持続可能な対応を考えるよう、自然が背中を押し続けてくれるのです。

先日、カーテンをあけたら、バイクがエンジンを思い切りふかすような音がしました。部屋の隅々までみてもなにもいません。ちょうど窓から見える道をバイクが走っていました。「あれ・・ずいぶん音が近いけど・・でもあのバイク音なのかな・・?」とガスの火を止めにいきました。

やかんのお湯をポットにうつして戻り、もう一度窓に近づくと、なんと死角になるところに、アシナガバチがいました。窓と網戸の間です。とにかく「たすけて〜」と羽をブンブンして、すごい唸り音をたてるので、少しずつ網戸をずらして、窓との間に隙間をつくり、なんとかいのちからがらの体で逃げてもらえました。

羽のうなる音が、あんなにもすごい音だとは思わず、また体のサイズからして、入れないはずの場所にいたので、驚きました。アシナガバチは、毎日おやつの時間の頃に巡回にやってきますが、嵐の前などいつもは来ない午前中に来たりと、ちゃんと気象の異変を見せてくれます。

また、アシナガバチが複数きて「おやっ?」と思っていたときは、いも虫つきまくりの時季でしたし(今は予防のため、忌避効果のある唐辛子入り木酢液をスプレーしています)、アシナガバチがたくさん来た頃は、スズメバチも食すオニヤンマがせっせとやって来ました。

もし都会にいたら「やったーオニヤンマだ。珍しいけど、ラッキー」で終わりだったかもしれません。ここ名張では上のように生態系や気象条件も面となって迫ってくるので、いのちのダイナミズムをすごく感じます。

巡回する虫は、大抵決まったリズムを持っています。アシナガバチやマルハナバチのように、存在感はあっても、実はおとなしい虫については、そのリズムを知ってあげましょう。また、家に入って飛び回る虫(蝉など)は、パニックになっています。少し待ってから、窓際に誘導してあげましょう。

アシナガバチは「とにかく外に出たいんです。間違って部屋に入ってしまっただけです」というメッセージが明白な虫です。窓際にいつづけてくれますから、落ちついて外へ誘導してあげましょう。