Tags

メルマガに書いたシラスカラーはこちらです。おはようございます。吉野実岐子です。昨日の続きです。

日本だと「若く見える」と言われて、喜ぶ大人が多いように思います。褒めているわけではないのに「ありがとう」と言われたりします。奇妙なことです。

心の中が、子供で留まっている人は、目に表れる表情や目の動きが非常に子供っぽく、それが「若く見える」大きな要因になったりします。また、子供っぽさを人を操りだます武器としてきた人は「若く見える」ことが、ほとんどだったりします。

もちろん、高い調和の元、健康を保ち若く見えるケースもありますが、そういうケースは数件しか見たことがありません。ほとんどが、上記のケースです。

「若く見える」と言われて喜ぶ方は、まだ子供に留まっていられると、喜んでいるだけなのです。過去に住んだまま、自分がバラバラなのです。それだけ、アンバランスで無責任で危険な状態であることに、気づかせていただくこともできない環境を、自ら選んできたのです。