Tags

京都は茎屋さんのたくわん、めっちゃおいしいんですよ、よかったら御贔屓にどうぞ。おはようございます。吉野実岐子です。

約10年前、CTIでコーチングのトレーニングを受けていた頃、当時の仕組み上、スーパーバイズ受け放題となったことがありました。

「卓越した」領域に入りたくて、スーパーバイズを受け過ぎ、むしろ粉々になりそうみたいになったりもしましたが、そのときスーパーバイズをお願いした方が、雑談中に重松清さん(作家)が好きだと教えてくれました。

重松さんの作品は、家族をテーマにしたものが多く、母親からの早期分離やバーストラウマに効くと判断しても妥当と思える作品が、いくつかあります。

早期分離やバーストラウマの仕組みを知っても、もちろん構いませんが、それで傷が癒えたりはしません。重松さんの作品には、そうした深いところに、触れるか触れないかくらいで届いてくる「卓越した」領域のものがあります。(不遜な物言いになってしまいました・・・重松さんごめんなさい)

ですから、早期分離やバーストラウマで悩んでいる方はもちろんのこと、あるいはとにかく家族や夫婦間や生育環境に少しでも痛みやあきらめがあるなら、ぜひ重松さんの本を手にとってみてください。たくさん文庫化されています。そして、そんな方に効く、オンラインワークショップ「あんぜん3部作 第1部:はじめに母がいた」の追加募集中です。本日夜9時、お申込みをしめ切らせて頂きます。