Tags

ちょっと前に、セロリ植えました!おはようございます。吉野実岐子です。

小難を大難に変える道を行く人は、他人がみれば100パーセント浪費の多い人です。他人から見ればと条件づけたのは、ご自身では浪費と認識できていないケースがほとんどだからです。むしろ必要経費や投資だと認識しているのですから、事は厄介です。

もうどんどん死に向かっていますから、高揚感があって、浮ついていて、調子に乗っていて、それを「うん、良い調子だ」なんて評価していたりする有様です。

特に、コンビニに一日一回は行く方は、要注意です。経営者の方がこの状態にある場合は、今経営状態が順調でも、数年もたてば落ちます。あるいは、ずっと自転車操業が続きます。

「何年以上経営できているのは、たった何割」といった数字にすがる人もいますが、事業の目的は継続ではありませんし、30年経とうと100年経とうと、潰れる可能性はいつでもそこにあります。

経営者という立場をステイタスのように捉えて酔ったり「とにかく社長になりたかった」という方などは、未だに事業の本質を捉えられていないのですから、本当に危険です。

家族や従業員や取引先に迷惑がかかることを、時に文字通り、ご自身以外にも死を招くことを、理解しなければなりません。「旅行に連れていって、ガス抜きしてるから大丈夫だよ」などと嘯くなら、この記事を一ミリも理解できていないことになります。