Tags

アキアカネをたくさん見られて、しあわせです。おはようございます。吉野実岐子です。

みなさんすっかり、半端な知識から、脳が思考や感情を生むと思い込んでいるようです。その思い込みで、身体全体の使い方が不自然になり、自ら不調和を生んでいる方も、たくさんいらっしゃいます。

そんな風に良かれと思って知った半端な知識で、自分をあやまった方へ導いている方が、ごまんといます。だからこその今の世の中の様相だと見ると、腑に落ちる方もいらっしゃるでしょう。「そうそう、あの人は」なんて、他人事で考えて納得するのではなく、矢印を自分に向けて「自分もそうだな」と認められるようになると、みなさんは一歩強さを取り戻しています。今回初めて認められた方は、すこしだけ生気が戻ったことでしょう。顔色も良くなったかもしれません。

さて、思考や感情が生まれる前には、内臓や皮膚や筋肉にごくごくわずかですが、収縮が見られることが判っています。それを脳で知覚するという順です。正しく思考して、正しく自分を導いていくためには、皮膚に余計な収縮を起こさせなくていいよう、きれいで清い(清いと同じ広さでも、広がりを感じます)空間で過ごすことが、まず第一に大切です。

ところが、この地球上できれいで清い空間がほとんどないため、みんな思考も狂いに狂いまくっていて、いきなり号泣する人が出たり、いきなり叫ぶ人がでたりするのです。せめて、埃のない空間にするとか、毎日洗濯するとか、自然素材100%のものを身につけるとか、そういったことをしていかないと、人道を歩けるか歩けないかのギリギリにすぐ迷い込めて、あっさり獣道を歩くことにもなります。そうした、非常に重要なベースとして、きれいで清い空間づくりがあります。

それには、何がきれいか、何が清いかを、きっちり知っていく必要がありますよね?また、身体も空間ですよね?(だから、胃カメラや内視鏡、入れられますよね?)みなさんが「道徳上大事だよね」のような分類分けをして隅に追いやって、優先順位を下げよう下げようとする、きれいで清い空間づくりこそ、一番大事なのだということを、改めてご理解いただきたく存じます。