Tags

まだミニトマトが実り続けてくれています。おはようございます。吉野実岐子です。

事業において先んずべきは、お客様やスタッフではなく、提供するサービスや商品です。

(これらの一番後にしか生まれないのが利であることは、身にしみている方も多いでしょうから、今日は利について直接は触れません)

「売り上げが立たなくては、スタッフを雇うこともできない」と言われたら、スタッフを先んずることができないことは、ご理解いただけるでしょうか?

では、お客様はどうでしょう?もし、商品やサービスより、お客様ありきなら、お客様は陶酔するファンになってしまいます。提供されるものが何であれ、相手が必ず受け取ることが決まっている奇妙さを、お判りいただけますか?

さらに、お客様が商品やサービスを見ていないなら、何に陶酔しているかを考える必要があります。事業の根本が狂っているのですが、この先はパーソナル・コーチングでお伝えします。

提供するサービスや商品があるから、お客様が生まれるという順番を理解できない方は、家庭内に留まらず、親族内でも、深刻な問題を抱えています。ただ、関係者全員が否認しているので、それが深刻だということも認識できないほど、でしょう。