Tags

これからの時季、部屋からの紅葉も楽しみです。おはようございます。吉野実岐子です。

みなさんは全身をバランスよく使って、暮らしているでしょうか?わざわざジムに行って筋肉を動かすのではなく、小さい子が大人が仰天するような格好で遊んだりして、自然と筋肉を育てていくように、全身を使えているでしょうか?

最近は、特に都市部では子供も、小さいときから、目だけを使うようになりました。これはほぼ都市部の大人の身体の使い方と同じです。ほぼ目だけを使って暮らしている大人が子育てをすると、子供もそうなっていくようです。

例えば、言葉を駆使して褒めて、抱きしめたり頬ずりはしていなかったり、Youtubeや本で電車を見せても、身体を使って電車ごっこはしていなかったり、そんな風に偏った身体の使い方のまま、子育てをしていませんか?

そうすると、従うべきでないものにも従順になったり、身体にいつも緊張を抱える子供になりやすくなります。これは、安全でしょうか?

ぜひ、大人自身が全身をバランスよく使って暮らすことで、自然と全身をバランスよく使う子育てになるようにしてみてください。

まず大人自身がより安全でいられ、そのことが自然と子供を安全にしていけます。また、主体性のある緩急のメリハリがある子供が育ちやすくなります。それは、子供自身が自らを安全にする能力と危機管理能力を育んでく土台にもなります。