Tags

京都で久しぶりに虹を見ました!おはようございます。吉野実岐子です。

複雑に色々なことが絡み合い、整理整頓しがいのある状況は、どのようにしてつくられたのでしょうか。

端的にいうなら、驕りが状況を複雑にしていったのです。「自分には関係ないから、目を背けよう」「様子をみる方が、自分もホッとする」そんな風にして、色んな規模で様々な世界で、驕りを育てた先が、今現在わたしたちが生きているこの状況です。

家庭内のような小さな規模でも、さらに小さい個人の心中でも、同じです。驕っていれば、相手と適切な距離も取れず、礼を欠きます。驕っているから、求めてばかりで苦しみが増えていくのです。

複雑になった状況から、まもるべき存在である子供やペットに逃げ込んで「癒された〜♡」と驕る姿は浅ましいものです。守るべき対象には、あなたの謙虚さが状況をシンプルにしていく姿を、見せてあげませんか?