Tags

このパーソナル・カラー診断、使いやすいと思います。おはようございます。吉野実岐子です。

結婚して15年位すると、多くの方が「なぜ、この人と結婚しちゃったんだろう?」と思うようです。ネガティブなニュアンスで思う方もいれば、ポジティブなニュアンスで思う方も、どちらもいらっしゃるようですが、いずれにしても、棚卸にはいい機会です。

というのも、大体15年もすれば、子供が生まれていたり、住む場所が変わっていたり、働き方が変わっていたりと、なにかしら大きな変化を乗り越えているからです。でも、その変化の時には対処で手一杯で、とりあえず乗り越えられた達成感のようなもので、つながっている気がしちゃうのですが、後々考えると「気がしていた」だけだったと自覚できたりします。

だから、こうした思いが出てきたときには、結婚を決めたときよりもずっと深く自分の中に潜って「なぜ、この人との結婚を自分は決めたのか?」について、考える必要があります。これは、老後をにこやかに助け合って過ごすことにもつながりますので、夫婦で話し合う前に、ぜひ自分の中を見つめてみて下さいね。

それで「なぜ、この人との結婚を自分は決めたのか?」の問いに、深くこたえるとはつまり「子供の頃から欲しかった何を、この人が満たしてくれると、わたしは踏んだのか?」という問いにこたえるということです。なにか欲しかったイメージがあるはずです。子供の頃、かけられたかったのに、ずっとかけてもらえなかった言葉があるはずです。そこを掘り出す必要があります。