Tags

Good morning! 吉野実岐子です。

昨日の続きです。子供の頃から欲しかった何を満たしてくれると踏んだ相手を選んだのかクリアにできたら、その後は、夫婦の間で改めてビジョンの共有をしていく必要があります。

ビジョンの共有というと「老後は毎週温泉に」「世界一周しよう」のような、非日常感溢れることばかり出てしまうなら、それも大事にしつつ、日常において「これはない」「これは嫌」というラインもはっきり出して、共有していきましょう。むしろ、こっちの方が重要です。

非日常←→日常の横軸と、これはぜひやりたい←→これはないの縦軸で、4つの領域それぞれに合意したものを書き込んでいくのも、一つの手です。また、やりたいことを一緒にやる必要はありませんが、その際「これはサポートする」のか「これはサポートもしないがどうぞご自由に」なのか「これはやらないでほしい」なのかといった態度も、クリアにしておくといいでしょう。

全部をまとめてやろうとせず、何回かに分けて、そのプロセスを楽しみながら行ってみて下さいね!20代の結婚は、たいてい相手ではなく、自分の描いたイメージを見ています。現実を知ることで、さらにリアルな自分をしって、実際に機能する絆を深めていけます。そうすると、安心して未来を眺められるようになっていけるでしょう。