Happiness

Happiness in Japanese is “shiawase.” For a long time, “shiawase” has meant transforming yourself to respond to your situation. I love this old definition of “shiawase” because this old definition appreciates all happenings and all bonds between us. People whom you dislike or people who hurt you are also included in your appreciation. And these days I think that it is so true.

People who hurt me and people whom I dislike also influence me as much as the people who love me and the people whom I love. Those experiences helped me to learn something good, and it is a part of me.

So, I feel that now I am “shiawase.” And it is a good state for me.

心の折れ具合。

3月なのに、夏日になってしまいましたね。おはようございます。吉野実岐子です。

「我が家は、これでいいのよ」「すぐ大きくなっちゃうから、これでいいのいいの」「子供がいるとすぐ汚れちゃうから、これでいいのよ」「引っ越したばかりだから、これでいいのよ」「好きな仕事に就く人は、一握り。ちゃんと稼いでるんだから、これでいいのよ」

皆さんがよく使っている「これでいい」をあげてみました。では、普段言っている「これでいい」を「これがいい」に変えて、口に出してみてください。どうでしょうか?

言ってみて「そう、これがいいと言いたかったの!」と思った方もいらしたでしょう。しかし、大半の人が抵抗を感じたのではないかと思います。

抵抗が大きいほど、あまりに「これでいい」に、慣れ親しんできてしまったことを表しています。つまり、心が折れた状態が、日常茶飯事になっていたのです。

「これでいい」には、納得させようとする屈することを求める動きと、そこで屈した自分を慰める動きが入っています。「これでいいのよ」とお互いにいいあって、心が少し楽になるのは、自分が縮こまっている状態を慰めあえたからです。

ちなみに、慰めが悪いと言っているのではありません。「今日も暑いですね」「季節外れの寒さに参りますね」といった会話に象徴されるように、慰め合いは一定程度ストレスを減らす効果を持ちます。つまり、慰め合いは、短時間で終えるべきものですが、その限度内では大いに行えば寿命を無駄に削らずに済む、大事な行為です。

しかし、慰め合いを必要とする、屈した状態がデフォルトになってしまうと、未来の展開の仕方は変わります。常に自分を小さくし続け、常に屈し続け、常に縮こまって、常に苦しくて痛くて辛くて、ゆえに常に惨めであることは、あなたが自分自身を生きていないという事実に他なりません。

常に心が折れた状態で、リーダーシップを発揮することは不可能です。カオスの中で、洗濯機でもまれる洗濯物のように振り回されていることが、カオスにとどまれていないということです。だから、あなた自身の変容が起きないのです。

そうすると「本当は会社を辞めたいけれど、でもこんないいところもあるし、これでいい」「離婚したい位辛いけれど、離婚後を具体的に考えられているわけではないし、あの人にはこんないいところもあるし、これでいい」と、絶望への道がエンドレスになるのは言うまでもありません。さて、あなたはこれをいつ終わりにしてあげるのでしょうか?

人のせいにするから、おかしくなる。

春のオンラインWS「循環と再生 Episode3:かっこいいカオス」、お申し込みは明日夜までです。おはようございます。吉野実岐子です。

「人のせいにしないで」と言われると、みなさん厳しく感じるようですが、実際これほど親切な助言はありません。

なぜかと言うと、人のせいにし続けると、まったく無自覚なまま、自分の人生を相当おかしくしてしまえるからです。途中の修正がききません。かなりのサイズのトラブルを呼び込んで、それでもなお「苦しみに耐える」という現実逃避をし続けて、死に至ることもあります。

人のせいにするという悪癖は、そこまでの力を持っているのです。これは周りにとって、悲しいことです。可能性を秘めたご本人にとっても、悲しいことです。

人のせいにし続けて、その人の人生に希望が宿ることはありません。情熱が戻ることもありません。周りを巻き込みながら、絶望の道を突き進む姿は、まるで鬼のようです。

カオスが表出するのは、あなたの人生に、整理整頓を進めた方が良い部分があったからです。「ここかー!確かにいつもここはスルーしていた」と、整理整頓に励みながら、カオスの中に留まり続ければいいだけなのです。

なかなかないようなことが起きると言うことは、それだけ先祖代々、目を逸らし続けてきたということです。生きている人しか励めない整理整頓に、きちんと着手していくことで、人のせいにするのではなく、ただ自分が変わり続ける道を歩んでいきましょう。

基礎があれば、スタミナ不要。

そのまま食卓に出しても、調和するすり鉢を見つけました。おはようございます。吉野実岐子です。

「できる人」は、繰り返し基礎に戻ります。通訳者なら、誰もが知っている単語も毎回辞書で引きますし、ダンサーなら毎回自分の踊りを確認し、アスリートなら基礎練習を欠かしません。

なぜなら、勝手に思い込んで、悪い癖をつけてしまう自分を、自覚しているからです。「あの人は特別だから、悪い癖がない」や「熟練しているから、悪い癖じゃなくて自分のスタイルなんだ」ではなくて「誰もが悪い癖がつく。自分もだ」と、受け入れているのです。

悪い癖の反対が、基礎です。さらに、伸びたいとき「あぁスタミナ不足だ」と感じることがあります。ところが、スタミナをつけようとして何か始めると、目の前に突きつけられるのは「スタミナが足りないのではなく、基礎が疎かになっている」事実です。

基礎は、よい癖と言い換えられるかもしれませんが、基礎がしっかりしていれば、スタミナはそこまで必要なくなります。「スタミナ不足」と感じる時ほど、基礎にとことん戻って「こんな基礎はいくらなんでも…」というところを、一つ一つ丁寧にやることだなぁと、思います。例えば『もう歩けない」と思うなら、歩き方を徹底的に見直すことです。

カオスに留まるスタミナがないと感じているみなさん、基礎の基礎に戻るタイミングです!

緊張は一つの動きの一部。

紫蘇と九条ネギを植えました。おはようございます。吉野実岐子です。

緊張が苦手な方は「ゆっくりしているのが好きだから」「いつもリラックスしていたい」と言ったりします。であるならなおさら、緊張を「苦手だから」と遠ざけないことです。

なぜなら、緊張と弛緩(リラックス)で、一つの動きだからです。どちらも、一つの動きの一部に過ぎません。つまり、緊張を遠ざけようとするなら、ゆっくりすることやリラックスも、あなたから遠ざかってしまうのです。

呼吸にたとえると、より理解が進むでしょうか?吸うと吐くは、同時にできませんよね?「吸うのが好きだから」「いつも吸っていたい」と思っても、吐かないと吸えません。

苦手意識からであれ、理に叶わない道を目指そうとすると、不健全さに身をおとすことになります。カオスも同じように、リーダーシップの醸成に必ず必要なものです。カオスに苦手意識を持って、カオスから遠のこうとするなら、リーダーシップが伸びることはありません。

手書きの大切さ。

名張は、まだまだ最低気温1度です。おはようございます。吉野実岐子です。

ある時期、手書きをほとんど止めていたのですが、そうしたら明らかに創造力が下がりました。タイピングと手書きというプロセスの違いが、副産物をこんなにも変えてしまうのかと、驚きました。

パソコンやスマホ中心で、絵も文章も手書きから遠のくと、思考は明らかに浅くなります。一見生産効率が上がりますが、それはある程度ストックがある上で、浅いところで上滑っているから、初めの内そう見えるだけなのです。

思考が浅くなることは、もはや悪影響と呼んでもいいでしょう。創造性もリーダーシップも、すべて奪われていくことになるからです。思い込みの自覚も難しくなるので、自己認識にもズレが出やすくなります。強い心でカオスに留まっているつもりで、ただ抑圧している弱い心さく裂だったりと、真逆に向かっても気づかなくなります。

デジタルデバイスを使うと、何となくやった気にもなれてしまいます。「どこでも使える」感覚って、実は「あんまり考えなくていい」状態を生んでいます。例えば、「合わせやすい服」も、そうですよね?「合わせやすい服」って、コーディネートを考えて、自己認識を深めたり、創造性を豊かにする機会を奪います。

本当にカオスに留まる強さを育みたいなら、つまりは変化し続けて成功したいなら、日常のどこかに手書きの時間を取り戻してみることは、いいファーストステップになるでしょう。やってみて下さいね!

子供にとって、一番残酷なこと。

春は大地がうつくしいから、ぜひ下も向いて歩いてみてくださいね!おはようございます。吉野実岐子です。

「無責任でありたい」という願いを抱えたまま、つまり幼いまま親になってしまった人は「自分を子供に縛り付けていないと、親でいられなくなる」感覚を持ちます。

そこから「子供がいるから、働きに出られない」と発想したり「子供が風邪をひいた」「子供の容体が悪化するかもしれない」と過剰に騒ぎ立てるという、子供にとって一番残酷なことを、優しさだと思い込んでいます。子供をabuseし、そんな自分を正当化しています。

親が子供を盾にする。親が子供に守ってもらう。そうやって、親の自分は無責任なままでいる。子供にとって、こんなに残酷なことがあるでしょうか?

こういう生き方をしていては、当然、親であるあなたは絶望していきます。「子供がいて働けないから」「子供がいてお金がかかるから」「子供がいるから再婚できない」ではありません。

そうやって守るべき存在を、不正利用していく、自分で自分の尊厳を奪い取る行為が、自分を絶望に導いているのです。

「地球の状態が悪いから」「平和にならないから」ではありません。自分の不正が、自分を絶望させているだけです。地球や平和も不正利用をして、自作自演です。

そうやって不正を繰り返していると、身近な人から「あなたに騙された」と言われる日が来るでしょう。世界は鏡です。すべてあなたから始まっています。周りはただ、それを見せてくれるだけです。

かつて消化できなかった言葉。

筍ご飯作らなくちゃ♡ おはようございます。吉野実岐子です。

かつて言われて、消化できなかった言葉が、今でもあなたの中に残ってあなたを動かしていませんか?

代表例は「早くしなさい」でしょう。「早くしなさい」は曖昧な指示です。誰にとっての「早い」か、どのくらいだと「早い」のか、よくわかりません。よくわからないのだから、消化できなくて当然です。

では「早くしなさい」を場面に合わせて、具体化してみましょう。「今7:45です。朝ごはんは8:00までです」「手洗いとうがいが済んだ人から、おやつタイム!」「10日までがこの企画書の受付期間です」こんな感じでしょうか?

期限や期間が明確なら、そうした「端っこ」を強調してあげると、そこまでの時間は自分のペースで自分の選択で行えます。体調や気持ちを汲んだリズムでやりやすいから、落ち着いて取り組みやすいと思います。「早くしなさい」と無闇に煽られるよりは、自分も相手を尊重できるし、相手も尊重されたことを感じられます。

尊重がないと、支配と服従になってしまいますが、尊重があれば少なくとも話し合いが生まれていきます。「朝ご飯は8時半までにしようよ」「うがいしないでおやつ食べたい」といった新たな提案が生まれるなら、その調子です!

期限や時間が不明確なら、自分や相手のリズムを乱さないよう「リズムよく歯磨きしちゃおう」「今日の午前中はアップテンポでいってみよう」といった声掛けがサポートになるでしょう。安心したままペースアップしやすいのではないかと、思います。

自分が相手に言う言葉は、自分の耳にも届きます。まして、心の中で自分に言う言葉は、自分を生かしも殺しもします。上では、大人子供(幼児除く)によらず、自分も相手も尊重できる言葉を紹介しました。

かつて消化できなかった言葉は、解して尊重を加えて、自分のサポートにもなる言葉にして、再度送り出してあげてくださいね!これもリーダーシップです。

気が動転するとき。

味噌づくりのために、大豆を五時間も茹でたんですが、あくがメレンゲに見えるほど出て、それも驚きでした。おはようございます。吉野実岐子です。

何かと大騒ぎしちゃう、つまり気が動転しちゃうのは、そうさせる出来事が起きているからではありません。

単にあなたがバウンダリー(境界)の課題を持つからです。気が動転すれば、さらに他人との境界はわかりにくくなってしまいます。

そんな方には、いくつか問いをお渡しします。

Q. 自分が容認している自分への侵害は?
Q. 境界線を引いて、自分を尊重するには?(尊重してはじめて、尊厳が戻る道がひらける)
Q. 自分の選択について、安心しているか?

ちなみに、相手にお世辞を言ったりして、いい人でいようとする方は、リーダーシップにも課題を持ちます。当然バウンダリーの課題も持ちます。

ミスを大事にしよう。

初めて味噌をつくって驚いたのは、大豆をもどすと3~4倍にもなることでした。おはようございます。吉野実岐子です。

ミスって、嫌われる存在ですよね。「あーもう、また同じミスしちゃった!」とイラっとしたことが、わたしにもありました。

でも、今はそれを止めた、というか消えました。なぜなら、本当に人生が限りあるものだと受け入れたからです。本当に限られた人生だから、ミスだって大事にしたいと、ある日心から思いました。

今は、同じミスとグルーピングしないで、ただ今に立脚して「新しいミスをした」と思います。ミスをぞんざいに扱わず、きちんと丁寧にミスと出会っていきます。

ミスを「同じミス」とグルーピングしていたときは、その雑さが反映されて、実際にまた「同じミス」をしやすかったのです。今を丁寧に生きる一例を、ミスの取り扱い方の点から、ご紹介しました。

やっていないのに、やったと言われる?

味噌づくりとレモンジャム作りも終えて、今日は春分で、あとは日が伸びるばかり!おはようございます。吉野実岐子です。

やってないことを、やったと言われたら、ショックかもしれませんね。私にも経験があって、当時は未熟だったので、いちいち苦しんでしまいました。「やっていないのに」としがみついて、わざわざ怒ったり、わざわざ震えたりしていました。人生のかけがえのなさを享受していない、過去の私の態度が、大変笑えます。「なにー暇なの?もんたいぶって、現実逃避しちゃって。傲慢だね」と伝えたいです。

そんなこと、どうでもいいのです。本当にやっているのであれ、やっていないのであれ、そんなに執着する関係なら、きっとあなたにとって大事な関係なのでしょう。ならば、その関係を一新し、生き返らせる方が先です。事はいずれ明らかになります。いえ、明らかにならずともいいのです。前に進んだ方が解けやすいことも、多々あります。

1番深い愛である、心から謝るということをすればいいのです。それができないなら、単にあなたのプライドが高く、思っている以上に未熟なのです。それだけです。

むしろ、それを知れただけでも、良かったのではないでしょうか?謙虚になれるチャンス、人として大きく成長できるきっかけ、大事になさってくださいね。

【開催概要】3/31,4/1 春のオンラインWS「循環と再生 Episode3:かっこいいカオス」

うぐいすの歌い方が、上手になってきました。おはようございます。吉野実岐子です。

リーダーシップは、すべての人(幼児除く)にとって必要です。立場を問いません。苦しみや重圧への対処も、すべてリーダーシップです。カオスの中で伸びます。「カオスはかっこいい」と言い換えられます。

(こんな風に、カオスはかっこいい!)

カオスを嫌うと、リーダーシップは伸びません。カオスに留まり苦しみの真価を認めれば、感謝がわきます。自ら自分を突き落とした事実に、笑みがこぼれます。目的を見るとき、すべてがあなたの味方です。

重圧にへこたれず「ここからできたら、自分は強い!」とワクワクしつつ、道を拓きませんか?「この重圧が続くと、どれだけ変容できちゃうのか!」とニヤケつつカオスに留まる器を、普通にしませんか?

苦しみに耐えるという現実逃避・重圧から不安や緊張といった雑念を追う現実逃避・カオスが扱いやすいサイズになるまで、否認し続ける現実逃避。すべてと手を切り、春爛漫の時をスッキリ迎えませんか?


~春のオンラインWS「循環と再生 Episode3:かっこいいカオス」~

■ 日 時: <新日程(~2018年4月15日)の提案もOK>
– 3月31日(土)午後2:00~4:00
– 3月31日(土)午後8:00~10:00
– 4月1日(日) 午後8:00~10:00

■ 場 所:スカイプ上(必須:有線LAN接続・ビデオ通話)

■ 対 象: ~以下に一つでも当てはまる方~
□ 苦しみに耐えるのでなく、対処したい
□ 理に叶ったことをしたい
□ 原因を探す雑念から、自由になって生きたい
□ 必要な変化を生み続ける、軽やかな人になりたい
□ 健全なリーダーシップが何かを知り、伸ばしたい
□ 自分に厳しくあれば、人生は面白くなると思う
□ 真実を生きられる心身をつくりたい
□ 限界まで使い切れる(≠無理)心身をつくりたい
□ あらゆる悪影響を受けづらい心身を、つくりたい
□ あと一歩粘りが効く、踏ん張れる心身を持ちたい
□ 自分のリーダーシップの伸びしろを具体化したい
□ 自分のリーダーシップ・スタイルを明確にしたい
□ 住みたい場所に住み、したい仕事をしたい
□ 狙った地点で成果を出せる心身をつくりたい
□ 今いる居場所(業界など)で、卓越したい
□ 澄んだ生き方をしたい

■ 定 員:4名
■ 参加費:15.000円  ※一緒だね割:5%OFF(お申し込み時に、詳細がわかります)

▼ 〆 切:3月30日(金)21:00 ※ 新日程提案ふくむ
▼ 申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S86985973/

~ ご協力お願い申し上げます ~
治療が必要な方(喫煙や飲酒の常習・共依存の状態含む)は、ご利用頂けません。プレゼント利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。複数で進めますので、静かな環境づくりにご配慮ください。お申込み後のキャンセルは、一切承りません。参加費が発生します。お申込み完了後の日程変更は、2回までお受けしています。


機能不全家族では、必ず親のリーダーシップが欠落しています。愛着障害に苦しむ方の育った家庭に、健全なリーダーシップは存在しません。虐待は健全なリーダーシップの真逆です。すべての親は、自らと深く向き合ってこそ可能な、子供を導くリーダーシップが不可欠です。

仮にあなたが引きこもりでも、誰とも会話をしていなくても、リーダーシップは必要です。人間に根源的に必要なものです。たくさんの方のリーダーシップが開花し、健全に育つことを願って止みません。

緊張は「そこ、整理して!」の合図。

単発コーチングのお申込み、本日夜9時までです。おはようございます。吉野実岐子です。

複数回緊張することというのは「そこ、整理して!」という合図です。実はすごーく混乱している領域に関する、比較的ご自身の中で手前に存在するものが、あなたを緊張させてくれていて「この領域、整理して!」と、伝えてくれています。緊張は、ここからだけ洞窟に入れる入り口。みたいなものです。

実際に、高い緊張から逃げずに、命からがらに感じるまで、うんと味わい抜いてみると、どの領域を整理したらいいのかが、ハッキリ見えてきます。はじめから腰が引けた姿勢をとって「えー、家計簿で緊張するということは、お金の整理をしないといけないの?」のように、決めつけないでください。

緊張で心身をこわさないように、色々なものを取り入れながら、緊張と向かい合い続けると「はぁー、これか!」と、どーんと腑に落ちるでしょう。その認識は、あなたにどっかりと腰を下ろせるような安堵をもたらしてくれるでしょう。高い緊張ほど、すばらしいガイドはいないんじゃないかと思います。みなさんのもとへ緊張がやってきたら、ぜひ祝福してあげてください!

すべては必要だから起こっていて、ほんとうにすべてがギフトです。

まだまだ弱いから、運にこだわる。

靴の修理もネットでOKなんですね!おはようございます。吉野実岐子です。

異動や引越し、クラス替え等のシーズンです。期待通りの人も、そうでない人もいるでしょう。

そして、それはとても自然なことです。なぜなら「禍福はあざなえる縄のごとし」です。実際には禍福はいつも同時にあって、私たちがそれをどう評価するかに過ぎません。

部屋に蜂が入ってきて、大騒ぎしたから刺されてしまい、禍とみなす人もいます。部屋に蜂が入ってきて、蜂蜜をもたらしてくれる蜂をこんなに近くで見られたと感謝し「今日の素敵なこと」と位置づける人もいます。

全てが平等に起きていることに、気づいていくと、あなたは気高いまま、苦しみに品位を与え、起きることすべてが、あなたの人間性を高めてくれるギフトになるでしょう。

それは即ち、起きたことへの評価によって、自分を安定させる必要がなくなると言うことです。起きたことへの評価で、自分を安定させる必要がある内は、自分が弱いことをしっかり認識しましょう。つまり、あなたはこれからどんどん強くなれる可能性を、もう爆発しそうなほどに秘めているのです。