Tags

雨対策だと、パタゴニアのストームフロントのシリーズも好きです。おはようございます。吉野実岐子です。

既に大人である人がする「Aさんの影響を受けすぎないようにしよう」「Bさんがあぁなったのは、Cさんの影響だよね」といった心を閉じた会話は、大げさではなく子供の未来を暗くしています。

「Aさんのせいにしている」「Cさんのせいにしている」ことにすら気づけない幼さを、大人にまで持ち越しているアンバランスな歪んだ姿と、自分自身やBさんの力を小さくみなす礼を欠く態度が、子供に明るさをもたらすことはありません。

子供達は、そうやって「大人になっても、そんな風に、無責任でしかあれないんだよ。無力でしかあれないんだよ。無礼でしかあれないんだよ」と、見せられているのです。そんな大人を反面教師にすることはできても、これを見せられた子供が感じる、途方もない寂しさはどこかにずっと残っていくでしょう。

心を開いていれば、上のような言葉が口をついてでることはありません。いつも、溢れる光と通る風の中に、あなた自身の心を置いてあげましょう。それが、大事な子供の未来にも、明るさと風通しの良さをもたらします。