Tags

珪藻土製の計量スプーンを塩に入れたら、塩がさらっさらっになって、びっくりしました。おはようございます。吉野実岐子です。

より大事なのは、避けることのできないミスや失敗と、どのように関係をつくっていくかです。しかし、完璧主義だと、この現実にうまく適応できません。

「自分への要求が、非現実的なレベルで高い」とは、認識していないのです。そうすると、気持ちの面で「可能だったはずなのに、できなかった→失敗した」と反応し、自分に怒りがわいて、落ち込んだり、虚脱します。自分で自分の元気を奪っているのです。

もちろん、そんな風に怒りに乗っ取られていては、盲目になります。起きたことの肯定的な側面を、見逃します。「試合は負けたけど、サーブの打ち方はぐんとよくなった」のように事実をとらえられません。「試合に負けたのだから、サーブの打ち方だってひどいはずだ」と推測し、目の前の事実を見逃します。

そうすると、客観的にみて失敗でない場面も、その人の中では失敗となり、毎回失敗するという自己認識になっていくのです。