Tags

ベランダに今年生まれたつばめの兄弟が遊びに来ることが多く、かわいらしいです。おはようございます。吉野実岐子です。

筋トレを続けていますが、どうしても腹筋だけ抜け落ちてしまうんです。なぜか考えたら、それは流れが途切れるからでした。流れを作っている、変えたくない点を見つける必要がありました。

腹筋以外の筋トレは、すべて立ったまま行えるため、一連のこととしてできていました。しかし、一気に続けてやっていたところで、「さぁ、腹筋だ」と寝転がると、流れが途切れます。そのままぐてんとなって「休んでから」とする内に「あ、やかんが吹きこぼれる」といった別のことが入ってきて、飛んでしまいます。「腹筋まだだった」と思い出す瞬間が、調理中だったり、買い物中だったりして「後で」とすれば、また消え去っていました。

そこで、朝一に布団から起き上がるときの動作が、腹筋運動と同じであることに注目し、朝起きてすぐ腹筋を試しましたが、今度は朝起きてすぐやることの流れと相いれませんでした。改めて、筋トレについて何を変えたくないかをクリアにすると「立ったままであること。できれば、足裏の位置すら変えたくない」でした。つまり、単に立ったままできる腹筋を探せばいいだけでした。

というわけで、こちらとフリパラツイスト(①バレリーナのように直立でかかとをつけ、足先は45度ひらく ②お尻が出てしまう人は足の付け根をおして、お尻にキュッとしまる感覚が生まれるようにする ③手は真横に伸ばすが、その時、中指薬指小指だけ握って、人差し指と親指は伸ばしす。④そのまま、肩甲骨同士を少し寄せて、腰を30秒ふりふり)を取り入れたら、腹筋が毎日の筋トレから抜けないようになりました。

今、どうも抜け落ちてしまうことがあるなら、それ以外の続いていることと、抜け落ちてしまうことを比べて、あなた自身が変えたくないと感じているポイントをクリアにしてみてください。その上で、変えたくない点を変えないまま、その抜け落ちていることを行えないか、探してみると、抜け落ちずに続いていくでしょう。