Tags

こちらのお申し込みは、本日夜21時までです。おはようございます。吉野実岐子です。

中医について理解を深めようと、気楽に手に取れる『チャイナ・ビュー』(1冊100円)という雑誌のバックナンバーを、いくつか取り寄せてみました。そしたら、そこから、全身麻酔薬を世界で初めて開発したのは、145年頃に生まれた華陀(かだ)だったと知ることができ、驚きました。外科医でもあったそうです。

世界で初めて、全身麻酔による乳がん手術を行った、江戸時代を生きた華岡青洲が使用したそれは、華陀が発明したものの記録をもとにしていたそうです。その40年後の、1846年にアメリカの歯科医師モートンがエーテル麻酔を開発しています。

中国国内での話ではありますが、3月の柔らかい葉のカワラヨモギは薬になるけれど、4月のそれはただのヨモギだいうと、華陀の伝えが残っているそうです。その他、赤紫蘇を魚などの食中毒の治療に使ったりしたそうです。

華陀は、お正月に飲むお屠蘇の考案者だともいわれています。中国から伝わったお屠蘇は、平安時代である811年に宮中で初めて飲まれたそうです。今、普及しているお屠蘇には、桔梗・山椒・肉桂・陳皮・丁子などの生薬が配合され、胃腸を温め、風邪や冷えを予防する処方になっているそうです。

Wholeness(全体性)を生きる、つまりありのままであろうとする方にとっては、こうしたことを知り実践することも、大いに助けになると思い、ご紹介しました。