Tags

ミツカングループの実施した実験によれば、15mlの酢を12週間毎日摂取し続けると、腹部の内臓脂肪面積は5パーセントほど下がったそうです。また、酢の物など食事で酢をとる方が、酢を取らなかった場合と比較し、食事開始から2時間以上も血糖値が低くおさえられていたことも、わかっています。肝臓にある酵素を酢酸が活性化し、コレステロールの合成をおさえ、血中脂質を減少させることも、わかっています。高血圧の方が酸味をとると良いことは、比較的知られているでしょう。

肥満気味の方や生活習慣病予備軍だけど、あまり酸味が食卓になかったという方は、ぜひお味噌汁に小さじ1杯の酢で味を深めたり、ドレッシングを手作り(例: ごま油など油+黒酢など酢+しょうゆ)したり、梅干しをいただくなどして、酢を少しずつとってくださいね。

肥満気味だと油や砂糖をうんとおいしく感じやすいですが、身体が変わるにつれ味覚も変わり、そうしたものから自然と身体が距離を取り始めるようになります。