Tags

「付き合う相手がいつも不安定」という方がいらっしゃいます。そこから「相手をよく見極めるようにしないと」「でも逃したくないし」と、嵐の中にいるかのようになってしまうようです。そこに答えがあります。

つまり、相手をよく見極めることが必要なのではありません。上述したように不安定なあなただから、不安定な相手だけひきつけます。健全な人は、不安定であるという不健全さを魅力と混同しません。

必要なのは、あなたが自分を変えることです。あなたが自分を健全にし、安定するようにしていけば、あなたに健全な人が惹かれていく循環が生まれます。それまでは、どんなに相手を見極めても、結婚した後に「やっぱり見極めきれていなかった。でも世間体が悪いし。さらに新しく自分を好きになる人なんていないかも」と、余計に嵐になるだけです。

相手が異性でも子供でも、とにかく見極めようとする必要を感じるなら、それはあなた自身が大きく変わらなくてはいけないこと表しているだけです。「相手が不安定だから」「相手が驚くようなことをするから」ではなく、自分を深いところから変容させる必要があることから逃れている自分を、しっかり認識するときです。しあわせは、あくまでもこのステップの先にひらけます。