Tags

またヒグマの話をしますが、とにかく「出会わないようにすること」が最善の安全策と言われています。ガイドさんは、本当に恐怖で顔をひきつらせながら、喉をからして「ホッーホー」としょっちゅう叫んでくれていました。が、それでもエゾジカやキタキツネ並みにそこらへんにいる人間という生き物を、特に散策コースのヒグマたちは怖がらなくなっていて、遭遇率は高く、ガイドさんもクマスプレーを持参していました。

クマスプレーの中身はカプサイシンです。1000円台でレンタルできて、9メートル以内にクマがいるときに粘膜の多い顔を狙って噴射することになっています。

しかし、これを知ったとき、まず9メートルがどのくらいかパッと分からない自分に、唖然としました。9メートルは、小さい子が親から離れても、このくらいの距離ならと思えるくらいの近さでした。さらに、もしもっと小さくクマが見える、つまり9メートル以上離れたところにクマをみて噴射すると、逆に興奮させて襲われる危険性を生んでしまうことにも、ヒヤッしました。一番は、噴射の瞬間、風向きを見ないといけないということです。クマに向かって風が吹いていれば噴射OKですが、もし、自分に向かって風が吹いていると、自分にこのカプサイシンスプレーがかかってしまいます。当たり前ですが、人間の粘膜だってカプサイシンスプレーによって猛烈にやられてしまうので、人間の方が全く動けなくなってしまうのです。逆効果もいいところ、オーマイガー!って感じですよね!

クマスプレーは、知床の場合、知床自然センターや羅臼ビジターセンターなどで、借りれますが、空のスプレー缶を渡してくれて、いざというとき用の予行練習をさせてもらえます。これがありがたかったです。

クマよけ鈴は、アウトドアショップなどにも売っています。しかし、ガイドさんを含め、実際に山に日常的に入っている人は、使っていませんでした。というのは、このクマよけの鈴、音がかなり大きくて、だいぶ離れたところを歩いている人の鈴の音ですら、ハッキリと聞こえるほどなんです。つまり、ごく僅かな音を聞き逃してしまうのです。一瞬のガサゴソが零れ落ちてしまうのです。

本州では「ツキノワグマに出会ったけど、鼻にパンチしたら逃げていった」と、まるで武勇伝のようなニュース、も流れます。が、人は強い恐怖を感じると「そうだったらいいのに」という空想を作り出し、現実に起きたこととすり替えることがあります。つまり、こうした変な武勇伝の多くは疑わしいのです。またそもそもそれ以前に、ヒグマであれツキノワグマであれ「子熊だ!かわいいな!」などと、じっと見ないことです。もし、知らない不思議な風貌の人があなたの子供をじーっとみていたら「変質者だ」などと思うのではないでしょうか?いわば、クマからしたら、子熊を見つめる人間は、変質者以上の存在だと思った方がいいでしょう。

自分たちより穢れている(ことがほとんどの)人間から見つめられるということは、動物の心身にとって、大変なストレスになります。望遠での撮影ですら、人間と動物の距離は変わり、それは相手の尊厳を奪うことにつながります。それが「決定的にやってはいけない侵略」であると、ご理解いただけましたら、幸いです。どうか、ちらっと見えても、そっとして動物たちそれぞれの無事や幸せを祈りつつ、すっと去れる大人であってください。