Tags


かつて、信濃川の川幅は現在の3倍あったものの、架橋が必要だと認識に至るのは、明治後半になってからで、当初は「よろずよばし」と呼ばれる有料の橋でしたが、鉄道開通後の明治31年に新潟県が買い取り、無料の橋となったそうです。現在の萬代橋は三代目で、国重要文化財に指定されています。