Tags

たった一回の人生なのに、承認を求める、つまり他人に振り回されて生きる人の、未だなんと多いことでしょう?

何度も書いていますが、好き嫌いはジャッジです。好きだと言われて「受け入れてもらえた」と安堵する人は、それを理解していません。

非常に残念なことに、好きの中身のほとんどは「あなたがいることで、私は自分のだめなところを、だめだと思わなくて済む。だって、あなたの方がひどいから。いてくれることで、わたしのほうがずーっとましだと思えて、安心できて力がわくの。だからいつもありがとう」です。

自信のなさは、劣等感や優越感としてあらわれますが「好き」を一言に集約すると「私はあなたを軽蔑しています」という優越感で、「好かれた」は劣等感の埋め合わせです。自分を美人に見せるために、不細工な人に隣に立ってもらい、一緒に写真に写ってもらうのと同じです。結局自信のないもの同士、どちらにも利がある仕組みです。

ちなみに「~と思うことにしたら、大丈夫になった!」も同じです。「受けいれることができた」と自己評価しているでしょうが、この状態が表すのは、既に受けいれ不能だということです。こう発想する人も、他人に振り回されているだけです。孤独をおそれ周りに自らを染める姿とは、他人に振り回されている姿です。

「好かれたいんです」「愛されたいんですよ」と願う人が「他人に振り回されたくないんです」とも言ったりしますが、言ってることがめちゃくちゃであったこと、上を読んでご理解いただけたでしょうか?

優越感と劣等感から惹かれあい、駆け引きをする刺激は、恋愛の醍醐味なんかじゃないことも、添えておきます。刺激で自分が傷つく様を「ドキドキする」と捉えるのは、不健全過ぎます。