Tags

体力の充実について「何をもって、体力が充実した」といえるのか、指標の設定に戸惑っていらっしゃる方が多いようです。

体力が充実したからといって、例えば、筋肉量が上がり続けるわけでも、体脂肪が下がり続けるわけでもありません。実際、この夏のわたしは僅かに筋肉量が下がり、体脂肪率が僅かに上がっています。運動を続けて、ふと「これが進む道だっけ?」と立ち止まる人が求められているのは、体力がどんな「成分」でできているのかを、自分で見出していくことです。つまり、因数分解できる力です。

自分で、体力を因数分解して、いわば「素数」の状態を知っていくには「あと一歩に見えるのに、これがめちゃくちゃキツイ」をいくつか知っておくことが、助けになります。これなら、できそうでしょう?

例えば、今年2月のわたしは「3日に1回3時間歩けても、3日に2回計3時間歩くのは、キツくてとても続かない」と感じていました。9月現在、3日に2回計3時間が続いています。他
にも例えば、帰りにカフェで一休みしてなんとか歩けた距離を、カフェで一休みせず歩き終えられるようになりました。歩くだけで精一杯だった距離を「車で送ってあげようか?」と提案がくる重さの荷物を持って、歩き終えられるようになり、さらにはそれが当たり前になりました。

そんな風にして、まずは「あと一歩に見えるのに、これがめちゃくちゃキツイ」を集めてみてください。そして、それらを眺めてまましょう。そうすると「あれ、100は5でも割れるじゃない!」のように、因数分解が進んでいき、喜びと体力の充実をどんどん感じていけるでしょう。そうそう、パーソナル・コーチングおひとり募集します。