Tags

「笑顔を大切に」「笑顔を大事に」「笑顔をみたいから」「笑顔を忘れずに」のように、笑顔はとても人気です。

しかし、そんな風に思って、笑顔を基準に考えていくと、他律しやすくなります。誰かの笑顔のために、自分を傷つけたり、自分の笑顔のために、見るべきものから目を伏せやすくなります。笑顔をぎゅっと握っている方が、人として堕ちやすくなるのです。

そうではなく、できるなら避けたい痛みを大事に、痛みを大切に、痛みだけは忘れずに、痛みを見ようとする方が、心はギリギリのところで、壊れずに済みます。人間性で踏ん張れます。たましいは売り渡さずにすみます。高潔さを持ち続けられます。

笑顔が素敵なことは魅力です。しかし、痛みを握っていれば、笑顔は自然と戻ってきます。逆はあり得ません。だから、笑みより痛みを大切にしてみてください。