Tags

悪口の多い人や「あの人/組織/地域は、ここが嫌だよね!わかる~」で人とつながっていく人は、悪い面だけみたいという欲にかられているかもしれません。

あくまでも一時的に慰めあい、ストレス低減をはかったり、感じている違和感を言語化するプロセスを一時的に共有しただけなら、一見すると悪口にも聞こえる一言や「あの人/組織/地域は、ここが嫌だよね!わかる~」という会話は、OKなのです。

でも、これを読んで「悪口言わない」「あの人/組織/地域は、ここが嫌だよね!わかる~と思わない」と、自らの中で押し込める感覚が生まれたなら、それは上に同じく、悪い面だけみたいという欲望があなたの中に住んでいることを、あばいてくれます。

ちなみに「良い面だけみたい」もやはり欲望です。上に書いたことと、表裏の関係にあります。「楽しいことだけ考えていたいから、台風のときはワイン飲んで映画みて、いい時間を過ごせました~」は、賢いのではなく、単に欲望なんです。

「楽しいことだけ考えていたい(良い面だけみていたい)」も「悪い面だけみたい」も、欲望の変形・変種に他ならないのです。ちなみに、相手の欲望を受け止めることは愛ではないこと、欲望を受け止めてほしいと願う相手をあなたは愛してなんかいないことも、付加しておきます。

欲望は相手も自分も傷つけ、傷がしみるからこそ、求め方はエスカレートしていきます。世の離婚劇や別れ話には、それがよく表れているでしょう。攻撃に欲望はつきものなのです。