Tags

わたしは、室内から田畑と山々が見える環境に住んでいますが、川や水田にいる白鷺が稲刈り後の田に何羽もいて、生態系が乱れ餌に困っているのかと胸が痛みました。

白鷺は雀や鳩に比べ、とても臆病です。到底届かないところにいても、人の姿を見つけると、さっと飛び立ちます。機械音や人の足音などを聞くと、全身がピキンと緊張し、カメラを向けたりすれば、意識を向けられたことを体感して、パッと飛び立ちます。

同じことは、人にも起こります。たとえ人と会わなくとも、あなたに誰かが意識を向ければ、あなたは体の部分あるいは全体で、端的に言うと緊張を覚えます。それを意識下に上げない人もいますが、攻撃されまくっていると適切な運動・食事・睡眠時間などをとっていて、西洋医学的には何ら問題がなくとも、体脂肪が落ちづらくて正常の範囲にいながら、いつも高めだったりします。そうやって、身を守っているのです。

部屋にいながら、蛇に睨まれた蛙のようになり、体調を崩している方には、早くそのことに気づいていただけたらと思っています。ただしこれは、妄想や強迫的な思い込みによるものとは、全く質が異なります。この辺りにも分け入っていくワークショップ「人はすばらしく、おそろしい」は、今夜21時が締め切りです。