Tags

奈良で、北京終町というバス停の名前に「北京?」と驚きましたが、北+京終(きょうばて)だったり、ネーミングとしては微妙に感じる「空気ケーキ」という店で、甘党ではないわたしが、二つ目も注文してしまった程、おいしいケーキが出されていたりします。

奈良は一覧できるような形で、情報がまとまっていません。例えば、全国の美術館や画廊の情報が掲載されているサイトに、奈良の美術館や画廊は少ししか情報を載せていないので、外から眺めると、美術館が少ない県なのかなと思ってしまう感じです。街中に地図はいっぱいあるのですが、パンフレットも各種ありますが、観光にがつがつしている地域には必ずある「こちらへどうぞ」という誘導がないのです。それが「奈良はわかりにくい」という印象につながることもあるでしょうが、そこが奈良らしくていいところだと、私は思っています。

一覧できるような形で、情報がまとまっていないのが、わざとではないので、情報は小麦粉を水に溶かしたらだまが残ったような形で集まっています。例えば、本屋がまち歩きなど、多数のイベントを計画していて、他のNPOなどとも数多く連携していますが、その情報はその本屋に行って初めてわかるのです。一時的に滞在したい人が、ぱぱっと検索して効率よく回ろうなどと「利用してやる」という意識満々で奈良を見ると、きっと大仏さんと広い道があるだけのような感じで、スカスカに見えるんだろうと思います。

京都はもっと明確に画策していて「おこしやす」とどんどん誘導するので、いつまで経っても外部の人間は内部の人間の手の内に留まります。コントロールが強いので、それが各種デザインによくあらわれています。奈良と京都は、フランスとドイツのように、まるで違います。浅くしか見えていないと思っている中に含まれる、深みへの入り口をきちんと残しておきたいので、今見えていることを書いて残しておくことにしました。みなさん「浅いから」「深いから」とジャッジして、本質から逸れていませんか?