Tags

何でも「させて頂きます」をつけて上質な対応をしたつもりになっていたり、別れた後にしばらくしてから相手の方を振り返って態度を確認するような、形にこだわっては相手の質を判断しようとする方がいらっしゃいます。これこそが、質を感じていない証です。

質を感じていれば、逐一相手を見張るような、じろじろと細部まで見るような、自己中心性丸出しの態度は生まれません。まったく必要ないからです。

形にこだわる方は知識をたくさん身につけ、それを正解とみなしては、そこに隠れているだけなのです。

質を大切にしたから、ふさわしい形がついてきたのではなく、上質に見せるための形を正しそうなところから引っ張ってきて寄せ集めただけなのです。

最後に、形にこだわることは、ご自身を癒える方に配置することの真逆であることは、お伝えしておきます。