Tags

,

物や使っているサービスや人脈が捨てられない、NOを躊躇うのは、単にあなたが自分の「好き × 必要」を知らないからです。自分をそのくらい理解していないし、そのくらい自分に無関心なのです。

そのあらわれが「NOを言わないのがマイスタイル」という正当化・各種浪費・みんなにいい顔をして人脈を整理できない・物を捨てられないといった現象になるだけです。

ちなみに、間違いなく捨てるべきは「好きじゃない × 必要じゃない」ですね。これはさすがにおわかりでしょう。

「好きじゃない × 必要」には、物なら例えば喪服が入ります。最低限あるべきですが、この領域が膨らんでいるとなると、主にあなたと社会との関わり方を見直す必要が生じます。

「好き × 必要じゃない」には、あなたのオリジナリティがあらわれやすいでしょう。しかし、この領域が膨らむなら、そもそもそも好きとは何かを認識していないでしょう。

「好きじゃない × 必要」と「好き × 必要じゃない」が膨らんでいるなら、あなたは癒える方向には向かいません。