Tags

いろいろやってみたつもりなんだけど、どうしても調子に乗ってしまうなら、激しい自己否定(欲望)が、あなたの問題の1つです。

激しく自己否定するから、実際の自分とありたい自分の間に非常に大きなギャップが生まれます。周りが見ている実際のあなたではなく、ありたい自分を自分が見続けるために、自己陶酔によってその巨大なギャップを埋めます。

そのギャップには、うすうす気づいている自分の中のあらゆる感覚・感情が入っています。「とにかくうまいことやろう。今すぐ理想の自分でいるんだ」とずる賢く発想するから、「うまくいっていない」という認識につながる不安などの感情や痛みなどの感覚は、すべて抑圧されます。

小学校の林間学校で、先生に見つからないようにと、慌てて押し入れに詰め込むようなものです。そうやって、ズルするのが当たり前になってしまうのです。まわりからはそれが見えているので、まともな人は離れていきます。余計に自覚する機会を得られなくなっていきます。周りに残るのは、同じくらい激しい自己否定を抱え、同じように自己陶酔に浸ることが日常になっている人たちです。

抑圧した感情や感覚は、アイススケートのリンクのようになります。足元がツルツル滑るのです。一歩でぐっと前に進めるので、この状態を「うまくいっている」と認識してしまえるのは「現実は変わらずとも、うまくいっている風になればいい」という欲望に乗っ取られているからです。

「自己否定で辛い思いをしているのだから、それが欲望のはずはない」と信じて疑わない欲深い皆さん、少しは理解に近づきましたか? その欲深さが地球と他者の未来も、蝕んでいます。周りにうんと迷惑をかけているご自身を改めて、きれいに生き始めてくださいね。