立春に入りました。さて、抑え込まれた恐怖があると、地に足がつかなくなります。人生の目的が、恐怖の回避になるのです。こうしたdisorderの状態にあると、快と不快を、きっぱり区別できません。快にも不快にも属さないグレーゾーンが、実は既に、あなたの人生にちょっかいを出しています。

快と不快の区別がcrystal clearでない 何らかのdisorderを抱える状態は、未病と呼んだり、厄払いが必要な状態とも表せます。「ゆるされた」と感じる瞬間は、自己肯定できないという前提があるから訪れます。能の機能上、恐怖を感じないためには、他の感情の「音量」も下げる必要があるので、喜びを含む全感情の言語化が苦手になります。

快と不快の区別がきっぱりつかないから、怒りはその時でなく後々湧き、「少し嫌なだけ」と飲み込む自分を、忍耐強い平和主義者と解釈し内なる安定を生んでは、その自己認識を強めます。しかし、不快と認識できずに、何かあると我慢しては物事の方が変わるのを待ち続けるこうした自分を変えない姿こそ、平和から程遠い、狂気の姿です。

他にも「不快に気づかない」から、騙されないよう何度も疑う自分を慎重でいいと思っていたり、汚れたから匂いがついた寝具を、自分の匂いで安心するなど「不快に気づけない」から起きる狂いは、多々あります。これらはすべて「頑張っているのに、安心しきれない」不安エンドレスの日常を紡ぐ方法です。平成ラストの今年は、不安エンドレスや狂気からするんと卒業したい方と、以下の時間をご一緒します。

~~~ 早春のオンライン・ワークショップ「不快に気づく」~~~

〇 場 所:スカイプ上(有線LAN接続 推奨)
〇 日 時:
– 2月12日(火)午後 8:00-9:30
– 2月15日(金)午後 8:00-9:30
– 2月17日(日)午後 8:00-9:30
– 2月19日(火)午後 2:00-3:30
– 新日程(2月中に限る)をリクエスト

〇 対 象: ~一つでも当てはまる方~
□ すぐには怒れない
□ 後から「実は嫌だった」と思うことがある
□ まずは、受け入れる or 受け止めてしまう
□ 嫌だったのに、言えなかったことがある
□ 「少し嫌なだけ」と、飲み込むことがある
□ 自分の匂いが付いたシーツ等は、安心する
□ 美徳と倫理と本音を、区別しきれない
□ 日中眠気が襲うが、早起きは続けている
□ 騙されないよう、何度も疑うようにしていた
□ 見誤らないよう、決める前に時間をかける
□ 肩代わりしてもらえないと、傷みを感じる
□ 大切にされる/利用されるを区別しきれない
□ やりたいと思って、すぐやらないことがある
□ やる事がないと、そわそわして落ち着かない
□ 人間という存在のすばらしさに触れたい
□ ほんとうに安心して生きたい
□ 自分を傷つけない生き方をはじめたい
□ 未来をまもる生き方をはじめたい
□ 生きなおすきっかけが欲しい

〇 参加費:12,000円
〇 〆 切:2月11日(月・祝)午後 9:00
◎ お申込み:https://ws.formzu.net/dist/S86985973/

~ ご協力お願い申し上げます ~

治療が必要な方・ 喫煙常習者・飲酒常習者は、ご利用頂けません。プレゼント利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。お子さんやペットのいる方は、家族に協力をお願いしましょう。複数で進めます。静かな環境づくりにご配慮ください。お申込み後のキャンセルは、一切承りません。参加費が発生します。

~~~~~~

たくさんの方に必要とされるワークショップを企画しました。「自分向けだ」と気付いて頂いた結果、多くの方に届くことを願っています。