Tags

違いを認めていると、いつまでも「この人のことがわからないから、もっと知りたいなぁ」という思いが湧き続けます。そうすると、知れたときには喜びが生まれ、つながりも感じやすくなります。シンクロしやすくなりますが、それはお互いに意識を向けているからです。

ところが、ある程度一緒にいる時間が続くと「この人のことをわかっている」と思い始めたりして、そこにあるはずの違いが見えなくなってしまいます。そう思い込んだ時点で、無視しているのと同じです。相手には、意識が向かっていません。

「あなたのことはわかっているから」と思っている相手と一緒にいるのは、しみじみと辛いものです。こちらが無理してあわせて、シンクロが起きても、相手は「ほら、わかりあえている」とご満悦になるだけで、あなたに意識は向けず、そう思っている自分に陶酔します。あなたは無視される状態が続くのです。関係にヒビが入っていくでしょう。

仕事相手であ夫婦であれ恋人であれ友人であれ、相手とシンクロしたり、つながりを感じたいのなら、あなたとの違いをいつも感じ続け、いつも好奇心から「知りたいなぁ」と思い続けるあなたを創り上げることです。

共感がうれしいと、つながりや一体感を求めるなら、相手と同じところ探しではなく、相手との違いを見続けましょう。「ただ違う」ことに、自分を開き続けるなら、仕事で人と接しているのに孤独を感じたり、恋人と一緒にいるのに寂しくなったり、友人と騒いでいるのに一体感がないという思いと疎遠になれます。