Tags

「昔は俺もこうだったんだ」「こんなにすごかったんだ」そんな風にいいたがる偏屈なおじいちゃんの姿は、きっと想像しやすいだろうと思います。

もちろんおじいちゃんに限らないし、それが10代の子供に起きることもあるわけですが、上の例のままに言うのなら「俺の素晴らしさがわからない方が悪いー!!!」という状態は、その人が一体感を感じられずに、渇きの中にいることを表しています。

それまでにそのおじいちゃんがした素晴らしいことや築いた財産や得た知識や豊富な経験が、ある時点からは、すごいものではなくなります。例えば、部下がいたときなら、それらは「すごいですね」と言われる理由になったわけです。でもある時点からは「わたしたちにはよくわからない話ばかりして」「いつも自慢なんだから」と、むしろおじいちゃん自身が疎外される理由になっていきます。

それによって一体感を得られたはずのものが、人生のステージが変わると、今度は疎外感を生む原因になっていくのです。苦労して得た知識や経験や資産や人脈が「誰も俺を尊敬してくれないじゃないか!なんで、俺の素晴らしさをわからないんだ」と言わせてしまうようになるのです。こうした渇きの中にあると、余分なものは手放せないから、生前贈与で揉めたり「子供も孫も信じない」という展開になったりします。持つほど、渇くのです。

一方で、そんなおじいちゃんが全く知らないよその子と友達になって、人が変わることがあります。例えば「けん玉でその技できるの?すげー!」と言われたりして、一体感を感じられて、余分なものを持っている自分に気づき、どんどん手放していくようになります。また、そのよその子や一時期嫌だと思った自分の子供や孫に「あいつ、すごいな!」と思い始めたりします。周りが驚くほど身辺整理をきれいに始めて、その姿をみた子供や孫が「おじいちゃん、すごいなぁ。そういえば、〇〇成し遂げた人だしな。ちゃんと見えていなかったな」と思い始めます。そうすると、関係者全員がどんどん健康になっていて、おじいちゃんも血圧が安定してきたりして、最後は老衰でみんなに看取られる展開になったりします。

わたしたちは、「手放す」なら、「持たない」なら、あらゆる人に尊敬の念をいだけます。一方、それが家族を含む人間関係であれ「手放せない」なら「持つ」なら、その持つすべてが尊厳を妨げて、その人を渇きの中にとどめるのです。渇きの真逆に位置する一体感は、共感からでなく尊敬から始まります。