Tags

緊急避難グッズを月に一度は見直しますが、毎回何か新しい風を入れるようにしています。その風は、アウトドアショップで教えて頂いた被災地での体験談だったり、救援活動経験のある方が書いた記事だったり、色々なところから吹いてきます。今月は、ふと目に入った雑誌『山と渓谷』から吹いてきました。

簡単に言うと、ひとりで山に登って遭難したときにどうするか特集でしたが、災害時にも応用できると思った点は以下です。

  • 足首の固定に、新聞紙を使う。
  • 千枚通しで穴を開けたペットボトルのキャップを、グッズに入れておく
  • 電話はつながらなくても、メールはつながることがある。都道府県名+メール100番で調べて、控える。
  • 救助要請をするときは警察でも消防でもいいが「山岳事故」とはっきり伝える。5W1Hで伝えるが、山の名前だけでなく、何県の山かも明確に伝える。(⇒情報共有の仕方が参考になる)
  • コンパスに登山計画書を提出し、自分のウェアやザックの色も記入しておき、ココヘリの会員になる。(⇒情報共有の仕方が、参考になる)

遭難の一因に「GPSの設定自体にあやまりがあった」とあるなど、GPS頼みではうまくいかないケースがあり紙の地図も必要だという経験談も「やっぱりね!」と思いました。GPSだと思考停止してもたどり着いてしまうし、GPSが狂っていては元も子もないので、普段から使わずに感覚を磨くようにしています。

その他「へぇー!」と思ったのは、大正中期以前は、夏山登山が中心で、かつて学校登山の引率は理科の先生だったことや、単独行で遭難し行方不明になり、複数回の捜索後、一か月後に遺体が発見された場合、捜索救助費用は計1,440,000円という点です。

理科の知識は身を助けるんですね。理科嫌いのお子さんがいらっしゃるなら、一緒に山登り(必要ならガイドをつけて)すると、理科を学ぶ意義を理解できて、勉強への姿勢も変わるでしょうね。実際に、山での怪我の様子が写真でのっていたりする点も、参考になりました。

緊急避難グッズに目を向けることで、日常の快適さが増すこともありますから、ぜひ緊急避難グッズを非日常に所属させず、日常に属させることで、いざ使う時に驚いたり緊張しないですむようにしておくと、自分のためになると思います。