Tags

「あれがあったからここにいる」と経由地をわざわざ強調して考えるなら、あなたはその「あれ」や「あれ」関係者に今でも復讐し続けています。

わざわざ「あれ」だけ取り出して、他の経由地と違う重み・違う色合いがつけられている不自然さがそこにあります。植物や動物はそんなことはしません。だから大きなことが起きても、次の瞬間にはただ太陽を目指すなど、シンプルに生きる方へ向かいます。

「あれがあったからここにいる」とこれまでを歪めることは、自分を受け入れたり自分を肯定することではありません。むしろ「あれ」に今でも、大きな違和感を覚えている消化できない気持ちがあることを表しています。

その違和感や消化不良に向き合っていく道の方が、自分を受け入れたり自分を肯定していくプロセスです。