Tags

「あの人だけないなんて、かわいそう」そんな風に思ったことはありませんか? 例えば、お弁当の日、あの子だけお弁当がありません。例えば、会議中、Aさんだけお茶を出されませんでした。

明らかないじめや虐待はないという前提ですが、そんな時に「Aさんは尊重されていない」「あの子だけかわいそう」と思う人は、小さい時に一生懸命いい子であろうとした人たちです。でもだからこそ、母親から嫉妬されて育ってきた人たちです。

別のシーンでもおそらく何かにつけて「軽んじられている」と、憤怒にかられてきたでしょう。自分では、思いやりがあると思っているでしょうが、実はあの子にお弁当を持たせなかった親も、Aさんにお茶を出さなかったあの人も、自分と同じように人間だという認識が欠けています。驚きましたか?

別の言い方をすると、人間に対する基本的信頼感が欠けています。だから、何となく、人への苦手意識を隠し持っています。実は犬や猫を見るのと同じように、人を見てしまっているから「かわいそう」がでてきています。受け取りがたいでしょうか?

ちゃんと基本的信頼感があるなら「あの家にはあの家のやり方があるだろう」と尊重できますし、「お茶が全員に行き渡っていません」と伝えて終了で、悶々として「かわいそう」が生まれたりしません。

人間に対する基本的な信頼感があれば、「見捨てたらかわいそうだ」「自分がそばにいてあげないと」といった思いにとらわれ、自分のエネルギーをダダ漏れにしないで、自分が向けるべきところに自分のエネルギーを向けます。

つまり、基本的信頼感が欠けていると、自分よりも下だと感じる人としか付き合えないし、人間関係も対等ではなく、ペットのように面倒を見たり、躾るような関係になります。だから、人がいない方が楽だと感じたり、恋愛がいつも苦しくて、終わると毎回「しばらくはいいや」となったりします。

「かわいそう」は思いやりではなく、あなたに基本的信頼感が欠けているという話でした。