「ゲームは30分だけよ」と言われたら、大人の目を盗んで35分できたときに、その子は「やった!」と思うと思います。「使っていいのは3万円」と言われれば、二番目に欲しかったものとか三番目に欲しかったものを買ってしまったり、あるいは小さなものをたくさん買って、後でなんだかなと思ったりして、本当に欲しいもののために、その3万をプールしておこうという発想は出ないことの方が多いと思います。

わたしたちは制限をかけると、本当に欲しいものを見失いやすくなります。上は時間とお金の例で書きましたが、他にも、例えば「あの人を好きになっちゃダメ」と思うほど、あの人を好きになる確率は高まってしまうのです。本当に好きな人が別にいたとしても、好きという気持ちがあの人に対してそもそもなかったとしてもです。

逆手にとって「(嫌な)家計簿をつける作業は、1日に5分しかしちゃダメ」「眠いし疲れてるし、(嫌な)勉強は今日は10分しかしちゃダメのように自分に言うと「やーった。10分しちゃったもんね」のようになって、実際には作業が進むことになります。

どーんと何十万も手にする方が「貯金しとこう」という気持ちになるのも、同じ仕組みです。普段気にしているラインをうんと超えた額なら、それは制限がないような気持ちにさせてくれるから、逆に本当に欲しいものを見据えられるようになります。一億あったら?と真面目に試算してみると、今欲しいと思っているものの大半は、欲しくなくなる方が多いです。

だから、お客さんに対して「これを入れ込むのは、ちょっと難しいんですけど」なんて、制限をかけると、当然お客さんは「これ」が本当に欲しいものだったかよりも、その制限を超えようという動きをしてしまって「そこをなんとか、お願いしますよ!」と、言い始めます。だから、お客さんにやたらと「そこをなんとか」とごり押しされがちなら、お客さんの前では「ここからここまで請け負っています」という範囲を見せることです。お客さんにもご自身にも、制限ではなくて範囲の方をみせると、みなさんの胃もキリキリ痛まなくてすむでしょう。お客さんも本当に欲しいものを見失って、時間を無駄にすることがなくなりますから、一石二鳥です。