「わかりやすく」という流行

「誰にでもわかりやすく」という流れは、311以降強まった流れのひとつです。一見優しく見えますが、実は「遠ざけたい」人を追いかけては怪我するような、「近づきたい」人を結果的に遠ざけては心に穴があくような、そんな展開を生んでいきます。短期的には金儲けになるけど、長期的にはトラブルになるとストレートに書きましょうか?あるべき秩序を乱すのです。理にかなっていないのです。2011年以前と現在を比べたら、秩序の乱れっぷりは一目瞭然でしょう。

これが例えば「業界」といった大きな単位で起きると、その「業界」の質は当然低下します。だって「遠ざけるべき」(お客さんになるべきでない)相手にしがみつき、「近づくべき」(お客さんになるべき)相手は結果的によそよそしかったり無視したりしているのですから、そうなるに決まってますね?

「わかりやすく」が配慮として機能し、確かに相手に届くための工夫として存在できるのは、ごくわずかな領域です。ハッキリいえば、わかる人にはわかるし、わからない人にはわからないのが、事実です。それは、ホッキョクグマが赤道に住んだら死んでしまうことや、高山植物は海辺で育たないことと似ています。出会ってはいけない対象があり、近づいてはいけない対象があるのです。誰もが入れる場所はあってはいけないのです。分別が必要なのです。その距離を守ることで、全体の調和が生まれるのです。ひとつひとつがその魅力を保てるのです。

個人レベルでこれをしていくと、他人の感覚で生きる時間が長くなり、怒りや憎しみを押し込めては仮面を厚くする展開になります。洞察力のある人には当然透けて見えますから、そういうあなたに近づいてくるのは、洞察力のない人ばかりとなります。そうしてますます、自分の魅力を見失っていくようになります。

汗っかき

デオドラント製品に手を伸ばしより不健康になって行く前に、人の気持ちを考えすぎて、汗かきになっている可能性を考えてみませんか?

ハンカチが手放せないような汗っかきなら「そもそも自分の気持ちだってわからないのに、人の気持ちなんてわからない」という事実を生きてみると、滝のような汗がぴたっと止むことがあります。

私たちは、国語の問題などで「主人公はこの時どんな気持ちだったのか」と言う問いに答えて来たりしたこともあいまって「〇〇だから悲しい気持ち」のように自分の中で答えることを、思いやりのように思っていたりします。

実際は、怒りと恐怖が脳の同じ場所で感じていたりするので区別が付きにくかったりするし、何十年も経ってから「あの時こうだったのだ」と自分の気持ちをはっきり知るような経験をすることもあります。

事実としては、自分の気持ちすらわからないし、まして他人の気持ちなんてわかりません。この事実に素直になってみると、気持ちを考えすぎることで起きている身体の反応は消えて、あなたの魅力はアップしていきます。汗っかきはその一例です。

被害者が、過剰に説明責任を果たす現在。

世の中全体として、加害者に加担し、被害者は余計辛い思いをする流れが強まっていると思います。加害者が説明責任を果たさない一方で、被害者が過剰に説明責任を果たしていく場面が、いくらなんでも多すぎます。

これは、この社会に属する個々人の中で、内なるギャップが大きくなっていることを表しています。すごく穏やかな顔をして、人には全く怒らないで、でも腹の中には怒りや憎しみが渦巻くような状態の人が多いと言うことです。

自分の内側にある恐怖から逃れるために、そうやって肯定的に物事を捉えていくのです。例えば、嫌なことをしてくる人に「あの人は自分に自信がないから、あんな態度をとるんだろう」と理解したように演じたり、職場で自分にだけ挨拶をしない人に「あの人は私に嫉妬していて、冷たくするだけ」と、相手の怒りを封じ込めます。

自分に起きた事だけではありません。人に起きたひどいことを聞いたときに「加害者の人たちは、これこれこういう理由であまり理解していなかっただけかもしれないね」のような言い方をして、全体を鎮圧する人は同様の課題を抱えています。

怒る代わりに哀れんで、自分の感覚を感じる代わりに相手の感覚を推察して、置き去りにされた自分の身体の中では、怒りや憎しみが膨らみます。それを悟られないために、ますます良い人や穏やかな人を演じ、他人の感覚ばかり生きていくと、実績を積んでも自信は生まれず、魅力を表現することに葛藤を覚えるようになります。

【開催概要】オンラインWS「息を吹き返す3  〜魅力編〜」

このところ思っていましたが、「自分自身を変える」とはどういうことでしょう?「離婚しないまま済んでいるから、大丈夫」と思える夫婦関係をつくることでしょうか?起業し、会社の規模や顧客数や売り上げが目立つまでになり、社会的地位・身に余る光栄・ありがたきお言葉を得て、内心の怯えが減ることでしょうか?いつも目新しさに手を伸ばし、周りから「刺激をもらった」と言われることでしょうか?

わたしたちは本当に変わったとき、佇まいや雰囲気が見違え、それが手早く作り出せないものであることに、周りは内心慄きます。すべてが調和して起きるので、上述したような目立ち方は、伴わないのです。「すごいね」と言われても、その反応自体に関心が向かない感じです。

こうなってくると本当に「自分自身を変える」ことが、ある程度進んでいますから、今まで色々言われても、自分でも試してみても、意欲はあるのになぜか元通りになってしまったことを、きちんと前に進められます。それは自分の成長として、喜びと共に自覚されるでしょう。

こんな魅力があると言われても、どうしても素通りしたり、こういう風にすると魅力的だと言われても、なぜか気が引けて数回でやめてしまったり、こんな能力があるとこうプレゼンすればいいだけだと助言されても、どうもそうは思えなかったり、そんな外部評価と自己評価のギャップには、きちんとした意味があります。その時点では素通りや気が引けることの方が、実はちゃんと正解をだったりもします。

自分を信じるとはどういうことかの本質と、そこも含めた魅力アップについて、人生が変わる時間をお届けします。今回も、日々のコーチング・セッションでは抜け落ちてしまう部分を扱うので、クライアントさんもいらしていただけると、成長スピードの加速や統合による深い落ち着きを自分のものとする経験を、ご自身に贈れると思います。

既に、北海道で40℃近い温度も記録するという異常気象ぶりではあります。が、一応梅雨の季節の片鱗もあるでしょうから、大雨や急な低温や感染症に遮られずに、どの場所からでも参加頂けるこのオンライン・ワークショップで、通じ合うひと時をご一緒できたら幸いです。

~オンライン・ワークショップ「息を吹き返す3(最終章)」~

〇 場 所: スカイプ上(有線LAN接続 推奨)
〇 日 時:
6月9日(日) 13:00~14:30 増設
6月11日(火)20:00~21:30
6月12日(水)20:00~21:30
6月14日(金)11:00~12:30 満席
新日程(~7月5日)をリクエスト

〇 対 象: ~ 以下が、ひとつでも当てはまる方 ~
□ イライラしない大らかな人に憧れる
□ つまらないことも丁寧にする人になりたい
□ いつまでも若々しい人でいたい
□ 上昇思考は卒業し、前向きに生きたい
□ 「正当な評価を得たい」と思う
□ 等身大の自分を、知っていきたい
□ 女性/男性らしくみられるのは抵抗がある
□ 人の反応がこわくて、おしゃれしづらい
□ 異性の目を、見れないときがある
□ いじめやハラスメントの被害経験がある
□ 目上から「生意気」と言われたことがある
□ 眠いのに、遅くならないと寝ないことがある
□ 面倒くさくて、運動したくなくなることがある
□ 嫌なことがあると、甘い物を食べたくなる
□ 朝起きた時に、だるさや疲れを感じることがある
□ ストレスに適切に対応できるようになりたい
□ どういう未来が自分に合うか、わからない
□ 夫/妻/恋人からの視線に、縮こまることがある
□ 「誰かを立てる」ことに、抵抗を感じる
□ 人生を通じてあった、苦しみの真実を知りたい

〇 参加費: 12,000円
〇 〆 切: 6月10日(月)午後21:00
◎ お申込み:https://ws.formzu.net/dist/S86985973/

~ ご協力お願い申し上げます ~

治療が必要な方・ 喫煙常習者・飲酒常習者は、ご利用頂けません。ご自身の状態からお申込みを迷う方は、電話番号と共に詳しい症状を添え、ご連絡ください。ギフト利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。お子様・ペットのいる方は、家族に協力をお願いしましょう。複数で進めます。静かな環境づくりにご配慮下さい。お申込み後のキャンセルは、一切承りません。参加費が発生します。

~~~~

深いところから、みなさんが葛藤なく、魅力をアップしていけるようつまり、ご自身ではそのことにあまり気づかず、周りは「あれ、何か違う」と思っていくから、環境があなたに合わせて変わっていくよう、デザインしてあります。よかったら、梅雨の楽しみに加えて下さい。

成功って何だろう?

面接でフォロワー数を聞かれるという、トンデモない時流のようですが、そうなるとますます「自分にとっての意味/存在意義」をクリアにしていくことが、助けになるでしょう。

そうでないと、自分のコンプレックスや向き合いたくない部分に、足を引っ張られやすいとも言えます。わたしは、これだけ地球がきたなく人間社会もひどいため、最大の成功は健康だと思っていますが、人によっては、それは嘘のない通じ合える家族だったり、一番の親友と思える夫婦関係だったり、色々だと思います。何が何でも守り抜きたいものをみると、見つかりやすいでしょうか?

そこを見極めないと、学歴などもすごく高いのに、取得が難しい資格も幾つも持っているのに、いつまでも「自分がなくて、実は腹黒い」という状態が保たれやすくなります。そうなると、言い方は悪いですが、世の中のお商売のいいカモになりやすくなります。腹黒さは「あなたが誰か」をにじませる弱さで、あなたを生き延びさせる強さにはなりえません。

改めて、あなたにとって成功とは何でしょうか?ヒントを求めて人に聞いたりしないで、答えが出るまで、自分の中で考え続けてみませんか?

ビジョンとの関係性

ビジョンは逃げ場ではありません。しかし、未来に逃げこんでいると、しばしばビジョンを後ろ盾とし、自分はビジョンによりかかってしまいます。自分の後ろにビジョンをおいてしまうのです。

あなたのビジョンは、あなたがつくったものです。即ち、あなたのビジョンはあなたの子供です。あなたは子供に対してと同様、ビジョンを守る必要があります。ビジョンはいつもあなたの前にいて、ビジョンの方があなたによりかかれるようにします。

ビジョンを前に押し出すというより、ただ前において、後ろからあなたが守っていくのです。

成長すれば、人間関係は必ず変わる。

自分は成長しているのに、同じ人間関係のまま、ということはありえません。もしあなたが成長しているなら、その人間関係に戻るたび、あなたは成長を阻害され、成長にかけたお金や時間や気持ちを浪費していることになります。

今、あなたが普段、物理的に接している人の名前をばぁっと書き出してみましょう。その横に、近づきたい/遠ざけたいどちらかを必ず選び書いていきます。

遠ざけたい、と書いた人に、自分から近づいていないでしょうか?わかってもらおうとしていないでしょうか?わかってもらおうとする動きは、近づく動きです。

近づきたい人に、あなたの胸に秘めた情熱を伝えようとしたことは、あったでしょうか?なぜか及び腰になっていたりはしないでしょうか?

遠ざけたい人は、あなたの成長を邪魔し、近づきたい人はあなたの成長を助けるとも表せるでしょう。ちなみに、人間関係になんの変化もないなら、成長しているつもりに過ぎません。

仲間に足を引っ張られていませんか?

足を引っ張る人たちを、あなたの仲間と誤認していないでしょうか?もし誤認していると、何かあなたが決めたり新しく進もうとするときに彼らに会うと、その話はしていなくても、後悔に緊張など前に進めない動きが、あなたの内にあらわれます。

こうした仲間は、あなたの中では「仲間」や「友達」という包装紙に包まれていますが、そういう体裁なだけで、実際にはあなたの人生に不要な物です。あなたの人生に不要な人と付き合っていれば、本当に通じ合う人と出会う機会が奪われ、いつまでも自分で自分の努力を泡と化す毎日です。

近づきたくない相手にわざわざ近づいたり、足を引っ張る人を仲間だと信じる状態が、健康と言えるでしょうか?再選択が必要でしょう。

【開催報告】5/1, 5/2, 5/17, 5/23 オンラインWS「息を吹き返す2 〜お金編〜」

あったかい気持ちをたくさんくれた年上の友人が、令和に入りすぐ亡くなりました。何度思い出しても、柔和な笑顔とやさしい心根が浮かびます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

さて、随分濃霧が長く続いた午前中と、5月なのにニット着用という季節を失った時間の中で、人生に息吹を取り戻し、言うならば10年後には「あらら~お金持ちになってしまう、望まなくても」というワークショップを開催しました。

それでは、頂いた感想をご紹介します。

「(今の身体は)
上半身の重さがきえた
目が見えやすくなった感じ
身体が全体的に柔らかくなった感じ

(今の心は)
明るい
元気になった
意欲的になった感じ(さぁ、やるぞ!とは違う静かで繊細な)

(これからの人生にとって大事なことは)
「お金がない」という時の実は本当に言いたいことは何だったかを思い出し、それを得るための行動をする。
知識として知ったことや日々やるといいことを日常の中で継続し自分のありようの変化を見続ける。
静けさ、繊細さを大事にする

「お金がない」という時の実は本当に言いたいことというのに最初はビックリしましたが、確かにそうだなとだんだんと腑に落ちました。
これまでの認識のずれや、トンチンカンな対処をしたり自分を責めたりしていたことにも気づけました。
まずは浪費が減りそうです。

ありがとうございました。」(主婦、50歳、女性)

「(今の身体は)
始まる前よりも緩んでいる(そのことで、始まる前は、自分で自覚していたつもりだった以上に、緊張をしていたことに気がつきました)。頭もすっきりしていて明晰さが増していて、耳などの感覚もよりクリアになっています。地に足がしっかりついている感覚もあります。

(今の心は)
余裕ができました。ワークショップの最後の方に出た「10年」という時間感覚からも影響を受けていますが、今の状況を明確にできたことでの余裕があります。そこから生まれてくる前向きな感覚もあります。それでいて、気が楽な感じもあり、余計な力みがない状態でいます。

(これからの人生にとって大事なことは)
自分の能力を存分に発揮していくこと。

「お金」というテーマに興味を持って申し込んだワークショップでしたが、お金をとおして、これからの仕事や生活を見つめなおすきっかけになりました。今日から教えてもらったことを実践していきます。」
(コンサルタント、42歳、男性)

「(今の身体は)
肋骨が動きやすくなって、ワークショップが始まる前より息が深く吸えるようになった。
固まっていた胸椎の下部と腰椎が楽になった。

(今の心は)
心の深い部分からとても静か

(これからの人生にとって大事なことは)
心から通じあえる人を増やすこと。

参加して本当に良かったです。テーマはお金でしたが、お金だけではなく、生きること全般についてこれまでの経験や考えていたことが整理されて、腑に落ちました。ありがとうございました。
(営業、42歳、女性)」

「(今の身体は)
腰とふくらはぎが痛かったのが楽になった。
肩も楽。
頭がスッキリ。

(今の心は)
緊張が取れた。
落ち着いている。
多分、このあと、人やものごとに対して柔軟に対応できる。

(これからの人生にとって大事なことは)
夜10~11時に寝る。
唱える。
通じ合える人を増やす。

こちらで感じ取れない変化も、わかりやすく伝えてくださるので、そうかなぁと思いながら、あっという間に時間が過ぎました。なにがどうなってこうなる、という俯瞰、年齢を重ねて後悔することにならないよう、その日の為に今することが、多分、今回取り組んだことだと思います。

(ピラティスインストラクター、45歳、女性)」

【開催概要】オンラインWS「息を吹き返す2 〜お金編〜」はこちらです。

My allergy has gone.

I have been annoyed by noisy and stinking neighbors for three months. And also this year Nabari City was often covered with a photochemical oxidant. So I was in a hard situation.

But when I went to an ophthalmologist this May, my longtime primary care doctor told me that surprisingly my allergy had gone. She was astonished at it and she recommended me to write a book on how I recovered from my allergy. She told me that she couldn’t explain it medically.

I didn’t try to recover from hay fever. So actually I don’t know how I made it happen again. But at least, I always strived to reveal wholeness in me or in someone. So I think my passion for wholeness kicked away my allergy.

20kg of Zeolite

I bought 20kg of zeolite. Because my neighbors use fabric softener which lasts longer than perfume and because they also smoke, I need to absorb it somehow while I use an air conditioner for summer.

Most air conditioners don’t circulate air from outside to inside. But according to the manufacturer of my air conditioner, there is a possibility that I get air from outside through the drain hose. The strong and long-lasting smell of softeners are toxic to the neural system. It includes addictive ingredients which are the same as illegal and psychotropic drugs. So I don’t want to breathe it in.

Before buying 20kg of zeolite, I used 2kg of activated carbon to absorb volatile organic compounds. It helped me, but I found an air purifier which uses zeolite to clean the air. That’s why I though I should use zeolite instead of carbon. It is strange to see 20kg of zeolite in my room. But anyway I hope it works. We need clean air.

「まず自分を作れよって思います」

SNS時代なんて、消費させる側にとっての都合のいい言葉が作られていますが、実際にはそんな時代はありません。同じように、〇人に1人が××と診断される時代、というのもありません。それでわかった気になって、自分のやりきれなさをなだめて押し込めて寛容なフリして、病を作り始めてしまうあやまちを犯す方が、本当に多いです。

SNSが出たのは本当にごく最近です。例えば、2011年にFacebookを使っていた人は、日本ではまだ少数派でした。津波のように押し流されて、何となくSNSを始めて溺れて疲れている人達は、自分をちゃんとつくっていないんです。メルマガでもご紹介した、4月25日号の雑誌「Number」のイチローさんのインタビュー、こちらでも少し引用します。

「同じ言葉でも、誰が言っているかによって意味が変わってきます。だから、まず言葉が相手に響くような自分を作らなければならないと考えています。今は言葉を発することが先になってしまっている時代のように見えますが、言葉を発する前に、まず自分を作れよって思います。そうすれば自分なりの言葉が出てくるはずだし、人が聞いたときの伝わり方がまったく違ってくるはずです。だからまずは黙って、やること。言葉を発するのはそのあとでいいんです」(p28)

何かに押されるように焦って、人の笑顔がいいものだと思って生きていると、ほんとうの津波が来たときに、心に深い傷を負いやすくなるといっても、過言ではありません。人は、泣きたいのに泣けないようなときにも、自分をごまかしているときにも、相手に敵じゃないと伝えたいときにも、笑います。笑顔って、そんなにいいものではありません。そうした思考停止も、自分をつくっていないからこそ、繰り出されてしまう状態です。

正しさと自由

みなさんの中で、正しさと自由は対立するものとして存在していることが多いようで、驚いています。正しさと美しさが対立軸になっていることもあれば、正しさと面白さが対立軸になっていることもあります。何でしょう…、サッカーとオーストラリアンフットボールとラグビーと…のように、似ているど同じではないスポーツが並んでいるのを、見ているような気分になります。

さて、正しさと美しさが対立している人の中では、正しさって何かを漂白するようなインパクトがあるみたいで、なおかつ必ず罰を連れてくるようなものとして、位置しているようです。正しさと面白さが対立している人の中では、正しさって窮屈なインパクトがあるみたいで、面白さによって解放されるみたいです。つまり、どちらにおいても、美しさと面白さが自由を連れてくるものとして位置し、正しさは不自由を連れてくるものとして位置しているようです。

でも、理にかなうという正しさだけが、どこまでも自由であることを可能にしてくれます。その正しさに沿わないと怒られるとか、仲間外れにされるとか、廊下に立たされるとか、そういうものではなくて、その正しさに沿うことで、みんなが調和して楽になって笑顔になって、無理しなくてよくなるからです。そうするとみんなの力が引き出されるから、どんどん自由になっていくんです。

正しさと自由は、同じ方向を向いている仲良しです。だから、わざわざ仲たがいさせないであげてくださいね!お願いします。

夜型・朝型

睡眠について「朝太陽と共に起きないといけない」といったプレッシャーをご自身にかけることは、必ずしも理にかないません。朝型と夜型の遺伝子が存在することがわかっていますし、発達障害の傾向が強まるほど睡眠不足でなくても昼間の眠気におそわれることもわかっています。

発達障害の傾向については、発達障害がどういう状態かを表した漫画本を2冊くらい読んでみて「あ、こういうところ自分にもある!少しだけど」が、どれくらいあるかカウントしてみることも助けになるでしょう。傾向が強いなら、医師への相談もなさってみると、未来が明るくなるでしょう。

少なくとも遺伝子の特性上、自分にとって最適な寝る時間や起きる時間は何時なのか等を知れるサイトがあります。ご家族それぞれでやってみることも、互いの理解と尊重につながるでしょう。

夜型の人が朝型に合わせれば、むしろリズムが乱れるだけでなく、だらけていると烙印を押されてはたまったものではありません。また、自分の中でONになっている遺伝子の特性を生かす働き方も、ある程度はあると思うので、その調整をするだけで、健康という状態に入りやすくなることもあります。たった30分ずらすだけで、心身が楽な毎日が生まれることもあります。互いにとってより無理のない形で、家族のだんらんや出世を、実現していきませんか?