Tags

,

例えば、1才の子を真夜中にお風呂に入れているなら、これはもう子育てとしては間違っています。子供の成長を促すのではなく、明確に阻害しているからです。

上のように、親の生活に子供を合わせてしまうのは、子育てにおける間違いです。子供は親に合わせてもらうことで、それ以外の人とも健やかに絆を結んでいけるようになります。

ところが、こうしたことをしながら気に病み不安になり「でも、人と比べちゃいけない。わたしはわたし」と開き直ることを、強さや凛とした態度だと認識する方が、数多くいらっしゃいます。

ほとんどの方が、不安→開き直り→高揚(不快)→不安→落ち込み→開き直り→高揚(不快)、と繰り返していて、開き直った瞬間のちょっと強くなったような昂ぶる感じを、自分らしさだと認識しては、あやまちをより深めています。何が不快で何が快適かも、わからなくなっています。

そうすると、何を読もうと誰と話そうとどんなサービスを利用しようと、あやまちが重なるため、着実に心身を病んでいきます。

どんどん心身の状態が悪化しているなら、あなたの中においてはその不安の方が開き直りよりも正しさに近い声だと認識するようにし、不安にきちんと耳を傾けていくことです。

どんどん地球の状態が悪化し、その加速ぶりはすさまじく、人間社会もそれにつられ、凄惨さを増しています。そんな中で、きちんと正しさに向かい歩むことは、それ自体がもう夢に近い存在になってしまいました。しかし、そんな夢を生きたい人がそれを現実化するお手伝いを、今日もわたしは続けます。