Tags

親しくなるほど「あれ?」と思う瞬間が増えていくなら、あなたには人と自分の違いが見えていません。自分の物差しの中で相手を理解しようとすれば、話が通じず平行線のままなのは、当たり前です。

「あれ?」と思って、相手の感覚に自分を無理に合わせても、そこには自分へはもちろん相手への尊重すらありません。「でも、最初に友達になれると思ったんです」と言いたくなるかもしれないけれど、それは「ひとりはいや」「とりあえず誰か安心できる人を確保しておきたい」というすがる気持ちを、あなたが「友達になれる」に勝手に変換しただけです。最初にあなたが人を見た眼に、尊敬がなかったのです。

「わたしとあなたがこんなに違うから、この人間関係は嫌(不快)なのだ」という認識もあやまりです。その違いに目をつぶったり、違うと思っても相手を知ろうとしない無視する態度が、不快(嫌)な人間関係を生んでしまうだけです。

一つではなく複数の人間関係に「あれ?」と思うなら、あなたと相手の違いを見る繊細さに欠けている自分を認識しましょう。同じ人間関係の中で「あれ?」が続いていくのは、あなたが違いを否認し続けているからです。つまり、あなたは異文化交流ができないまま、自分の物差しを相手に押し付けているだけなんです。