Tags

「みんなに愛されちゃう」と思っている人は、基本的に自他の区別がきっちりできています。だから「じゃあ。また明日」と言ったときに、変な顔をされたとしても「さっき、会議室でコーヒー渡すの最後になったからかなぁ」なんて言う風に、自分と関連させません。雑な言い方をすると、相手は勝手に不機嫌に見える顔をしていると発想します。

また、時間軸がぐちゃぐちゃしていません。「昨日のこと、まだ気にしているから、あんな顔したのかなぁ?」なんて言う風に、昨日のことを今日までよいしょよいしょと引っ張ってこないのです。「やっぱりシングルマザーだと、将来が不安だよね」のように、未来を現在に侵入させませんし、上述したように自他をあいまいにせず、きっちり区別しているのです。

だから、結果的に人間関係がぐちゃぐちゃしないため「みんなに愛されちゃう」という自己認識を生んでいたりします。つまり、自他の区別があいまいで、時間軸がぐちゃぐちゃだと「ひとりぼっちだ」「居場所がない」「果てなくさびしい」にはまる環境が整ってしまうということです。