Tags

「この夏も暑いよね」「きっとまた災害起きるね」はそれを受けいれた人の態度とは、違います。

本当にこの夏のこれからの暑さを受けいれているなら、世界各地で高校生がしているように、気象変動に対して、企業や行政に態度の変更を求めたり、より地球に負荷の少ない日常を生み出そうと、世間話レベルで周りと話し始めたりします。

「この夏も暑いよね」「きっとまた災害起きるね」といいながら、ただ不快になっておしまいだったり、その不快から逃げようとドラマの話をし始めるなら、これは否認の状態です。

困るのはつらいから、なかったことにしちゃうけど、気休めトークでガス抜きはするというのは、依存の状態にある人の態度です。不健康な状態で、自分の魅力を捉えるのは難しく、どんどんあやまちを重ねて、ご自身の人生を悪化させる様は、痛いです。