Tags

「わーい、ランチだ」とついてきたケーキまで食べたりして、だるくなって場合によっては寝てしまうのは、低血糖を起こすからです。

その経験回数が多いなら、低血糖で得られる状態をかつて味わった母親との一体感と勘違いしている可能性があります。

低血糖になると得られるだるさとそのまま寝てしまうスムーズな入眠が、小さい時にお腹がいっぱいになって眠る安心感と混同されたりします。

人によってはそれを得るために「めんどくさい」としばらく食べないで、その後一気に大量に食べるような不規則な食事パターンをしていきます。この延長線上にも、過食や拒食はあります。

また、育児放棄されてきた人(親からきちんと抱きしめられなかった人を含む)やトラウマのある人は、低血糖になりやすいことが、わかっています。

コーチングは、過食症や拒食症の状態だと診断を受けた方は対象にしていませんが、傾向として上記のような状態を持つ人は大勢いますし、また周りの人に攻撃的でない視線を向けていく役に立つと思い、今回の記事を書きました。