Tags

孤独を嫌う人は、過去に孤独たと感じた瞬間に、自分がその場面で際立つような異物感を感じているようです。つまり、自分をその瞬間に異物だと感じてしまったようです。その異物感をどうしたらいいかわからないまま、ひたすら耐えた経験を、その後続けたようです。切り離された状態が続く、とも表せるでしょう。

一方で、孤独を好く人は、孤独という人の本来の姿の一部である状態を、静かで穏やかなものとみなしています。さらに、その状態で周りとはつながっているのです。自分がちゃんと風景の一部として存在していて、際立つことなく、他のものと同様にそこにいて、一緒に風景を作っている感じです。切り離されていないのです。

切り離された状態にあると「私だけが」と思ってしまうし、それは「私だけこれもらえて、ラッキー」のような特別感としてではなく、排除された感覚としてその思いが繰り返しこみ上げるようです。ポイントは、孤独を嫌い続けても、これは解決しないということです。じゃあ、どうしたらというところを、今募集中の単発コーチングで扱っています。