Tags

,

皆さんの現実を構成する要素は、何でしょうか? 家族・親しい人の顔、家のローンや壊れているものの買い替えに、月曜からの朝のお弁当作りや朝一の会議などが、ぱっと思い浮かぶでしょうか?

赤ちゃんの現実を構成するのは、主に内臓感覚と運動感覚です。身体がどんなふうに接したり離れるか、身体の中にどんなものが入ってきて出て行くかが、ほぼすべてなんです。

でも、これは大人の現実にも含まれる要素です。ご飯を食べたりトイレに行ったりしませんか?誰かと握手をしたり寝ている子供にキックされたりしませんか?

赤ちゃんの現実は、大人の現実にも確実に含まれているのです。しかし、自分の中に確かに芯としてある内臓感覚と運動感覚をおろそかにしたり雑に扱っている大人は、とても多く見えます。まるで自分が赤ちゃんだった頃を踏みにじるかのように、1番の土台を無下にするのです。

この姿勢が皆さんに若々しさをもたらしているのか、本当に考えてみてくださいね。七夕の短冊に何を書きましょうか?