Tags

現実的に物事を進めていくために、自分の限界を知りそして尊重し、そうすることで自分を守っていくブレーキを子供の中に育てていく役割は、父親が果たします。

万能感、つまりヒーローのように自分には何でもできて何でも許されて際限のない満足をあきらめられない状態から、子供が抜けられるようにするのが、父親なのです。

無理するという自分の限界を認識せず尊重もしない状態や、万能感にい座り続けて相手をいつも下に見ていることに気づきもしない状態は、あなたが育った環境において、機能的に父親が不在であった事実を浮き彫りにします。

いずれにせよ、今から変えていけます。